« ■第3回本間神道サロン「日本の聖母いろいろ」報告 | トップページ | ■超古代史が姿を現しだしました »

2021/11/24

■節子への挽歌5192:フクロウがにぎやかです

節子

最近のわが家は、またいろんなところにフクロウが住みつきだしました。
と言っても、生きたフクロウではなく、フクロウの置物です。

フクロウは私が一時期、集めていたのですが、これも節子がいなくなってからもうやめてしまいました。
フクロウ集めに限りませんが、すべてが一時期止まってしまい、そのほとんどは今も動き出してはいないのです。
フクロウはいろいろなところにおいていますが、孫たちとの同居によって、そこからは追いやられてしまいました。
一部は玄関先にも置かれることになりましたが、ほとんどは2階に置かれることになりました。
しかし置く場所がない。
それにユカはフクロウが好きではないのです。

仕方なくいろんな場所に置かれだしていますが、トイレには20匹くらいはいます。
大きなものは廊下や階段の途中にいますが、小さなものはリビングの棚に並べてしまいました。そのにぎやかなこと。いろんなフクロウが密集しているのです。

コレクションは、コレクターにとっては意味がありますが、他の人にはほとんど意味がない。節子が一時期集めていたリンゴの多きものは、今やほとんど見捨てられた状況です。エジプトではあんなに時間をかけて探したリンゴの置物も、今は他のと一緒に押しやられています。
フクロウだけではなく、リンゴもいくつかは復活させようかと思いますが、今はともかくまだ片づけが終わっていないのです。

年内には片づけを終わらせたいのですが、なかなか気が乗りません。
注意しないと片づけないまま、人生を終わってしまいそうです。

|

« ■第3回本間神道サロン「日本の聖母いろいろ」報告 | トップページ | ■超古代史が姿を現しだしました »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■第3回本間神道サロン「日本の聖母いろいろ」報告 | トップページ | ■超古代史が姿を現しだしました »