« ■節子への挽歌5252:節子不在の人生にも慣れてきました | トップページ | ■節子への挽歌5254:年賀状 »

2022/01/01

■節子への挽歌5253日:新しい年の始まり

節子

また年が明けました。
節子が彼岸に転居してから今日は5253日目です。

一昨年までは、まずは家族で初日の出を屋上から見て、その後、「年のはじまりに」を書いてホームページにアップしていました。そういう生活を20年近く続けていましたが、昨年は休んでしまいました。
習慣は一度休むと再開は難しい。
そもそも最近はホームページも更新をやめてしまっているのです。

今年の初日は雲も少なく、とても美しい日の出でした。
娘家族と一緒に、屋上からお迎えしました。
すがすがしい年のはじまりでした。

Hatuhi

朝はこれまでとはちがい雑煮から始まりました。
いつもは朝はトーストで、昼食はみんなでの祝い膳の後にお雑煮だったのですが、今年からみんなでの祝い膳をやめたのです。
おせちやお煮しめは、夕食からでしょうか。まあこのあたりは娘たちに一任ですので、私はそれに従うだけです。
節子がいたら、これもまったく違った形になっていたでしょうが。
ちょっと残念ですが、家族文化も必ずしも思うようには伝わりません。

午前中には近くの子の神様にみんなで初詣。
それ以降はみんなそれぞれの年明けです。
ジュン家族は取手の、峰行の親の家に行きます。
そこに兄弟姉妹が集まるのです。

私は今日は特に予定がないのですが、まあなにかと出てくるでしょう。

今年はきっと良い年になるでしょう。
一応、この1年はまっとうしようと思っています。

|

« ■節子への挽歌5252:節子不在の人生にも慣れてきました | トップページ | ■節子への挽歌5254:年賀状 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5252:節子不在の人生にも慣れてきました | トップページ | ■節子への挽歌5254:年賀状 »