« ■第13回益田サロン「寛容性から自己・非自己を考える」報告 | トップページ | ■生活事業研究会の申込受付終了のお知らせ »

2022/02/09

■節子への挽歌5287:薬漬け

節子

また挽歌をさぼってしまいました。
特に何かがあったわけでもなく、体調も順調に回復に向かっています。
しかしまだ挽歌書きがルーチンになっていないので、1日書かないとついつい書かない日が続いてしまうのです。困ったものです。

今日は日光浴をしたいほどのいい天気です。
日光浴と言えば、またまたある本に影響されてコロナ対策を口実にビタミンDのサプリメントを飲むことにしました。ビタミンDが免疫力を高めるそうなのです。
少なくとも1か月は続けようと思います。

ちなみに最近はいささか薬漬けです。
胃腸の関係が5種類、高血圧関係が2種類、脳の血管対策が3種類です。
まさか私がこんなことになるとは思ってもいませんでした。

しかし5種類の胃腸薬のおおかげで、お腹の調子はほぼ回復しました。
にもかかわらず食欲はあまり戻ってきません。
駄菓子類をつまみ食いするのもかなり抑えています。
その上、最近は果物があまりありません。
食生活も次第に正常化するでしょう。

あとはもう少し歩くことです。
これはなかなか難しい。
もうひと頑張りです。

|

« ■第13回益田サロン「寛容性から自己・非自己を考える」報告 | トップページ | ■生活事業研究会の申込受付終了のお知らせ »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■第13回益田サロン「寛容性から自己・非自己を考える」報告 | トップページ | ■生活事業研究会の申込受付終了のお知らせ »