« ■「これがスポーツか」 | トップページ | ■節子への挽歌5297:人は「死ぬとき」には死ぬのです »

2022/02/17

■節子への挽歌5296:ちょっとうれしいことが起きました

節子

最近はいろんなトラブルがらみの相談メールや電話が少なくないのですが、今日はちょっと嬉しい電話がありました。
しばらくお会いしていない、めずらしい方からの電話でした。
何事かと思ったのですが、相談があると言うのです。

いま中央アジアのある国でNPO活動している甥から、ある相談を受けたのだそうですが、それに関して私に相談してきてくれたのです。
かなり専門的なことなのですぐには応じられなかったのですが、とても前向きの話なので何とか力になれればと思い、協力することにしました。
といっても、私が何かをする訳ではなく、人探しや情報探しなのですが。

こういう相談は、以前なら一も二もなく引き受けたのですが、最近はエネルギー不足でいささかの不安はあります。でもまあやれるまでやってみようと思います。
それにそのプロジェクトがうまくいけば、とてもうれしい話です。

早速、その分野なら相談に乗ってもらえそうな人を2人思い出しました。
といってももうこの数年、全く交流がありません。
この2人は、今回のことがなくても、いま何をしているかずっと気になっていた人たちです。
フェイスブックを探して、メッセージしてみました。
ところが何と直ぐに2人から返信がありました。
2人とも覚えていてくれたのです。
うれしい限りです。

まあこんなことでうれしがるのもおかしな話ですが、やはり人のつながりを感じるとうれしいものです。
やはり人のつながりは本当の財産です。

この話がどう展開していくかはまだわかりませんが、もしかしたら少しは役に立てるかもしれません。
誰かの役に立てることも、本当にうれしいことです。

|

« ■「これがスポーツか」 | トップページ | ■節子への挽歌5297:人は「死ぬとき」には死ぬのです »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■「これがスポーツか」 | トップページ | ■節子への挽歌5297:人は「死ぬとき」には死ぬのです »