« ■湯島サロン「私たちに欠けているもの」報告 | トップページ | ■生活事業研究会の補講のご案内 »

2022/02/12

■節子への挽歌5288:久しぶりに対価をもらう仕事です

節子

節子を見送った後、すべての「対価をもらう仕事」をやめました。
結果的に、何かをやって対価をもらったことはありますが、最初から対価を意図しての仕事はやめたということです。
その結果、節子が残してくれたわが家の貯金は見事に減少し、その上、いろんなトラブルに巻き込まれて、すべてなくなってしまいました。
毎年180万円の年金収入が、私の全収入になりましたが、それもどうも支出オバーであることが最近わかりました。

まあそのせいでもないのですが、何とか湯島の部屋だけは維持したくて、対価を得る仕事をすることも考えているのですが、なかなかそううまく行くものではありません。
それでもそろそろ限界にきていることもあって、新しく取り組む活動には「対価」をもらうことにしました。
といってもわずか1000円なのですが、最初から対価を組み込んでの仕事は久しぶりです。いささか緊張します。
今朝、その領収書をつくったのですが、久しぶりの領収書づくりなので、印刷して、その不手際に気付き、2回も作り直しました。
困ったものです。

何をやるかと言えば、生活事業研究会という連続講座です。
「生活事業」とは聞きなれない言葉ですが、私の造語です。
いろんな思いを入れこんでいますが、まだなんとなく腹には収まっていません。

まあそれはともかく、昨日はこの準備で朝から夜までかかりきりでした。
幸いに呼びかけに応じて、8人の方が参加してくれることになりました。
ちょうど予定していた定員そのものです。
他にももう一人オブザーバー参加したいと言う人がいますが、今日の私の話を聞いて、継続を断念する人もいるかもしれませんので、たぶん6~7人になるでしょう。

節子が元気なら、20年前に始められたのですが、いささか遅きに失していますが、まあ少しがんばってみようと思います。

|

« ■湯島サロン「私たちに欠けているもの」報告 | トップページ | ■生活事業研究会の補講のご案内 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■湯島サロン「私たちに欠けているもの」報告 | トップページ | ■生活事業研究会の補講のご案内 »