« ■節子への挽歌5328:また(軽く)倒れてしまいました | トップページ | ■節子への挽歌5330:カサブランカが満開 »

2022/05/06

■節子への挽歌5329:畑も2日目

節子

今日は水筒をもって、さらに長靴を履いて、「畑」に行きました。
まずは野草に埋もれていたミョウガを救出し、ミョウガ畑をつくりました。
次に昨日と同じく、野草刈り。
30センチほどにまで伸びています。
ともかく野草の成長は速いのです。

野草の中に桑の木が育っていました。
昨年はなかった木です。夏に最後に行った時にもなかったような気がしますが、半年で2m近くに成長しています。
切り取ろうと思いましが、さすがにこれはのこぎりがないと難しい。

今日は1時間ほどして水を補給。
自宅からも電話があり、不承不承帰宅。
この調子だと畑になるかもしれません。

畑作業も続いたので、挽歌も続けられるでしょう。
書くことはいろいろとありますが、なぜか最近、どうも書く気がなかなか起きないのです。身体は動くのですが、頭が動かない、そんな気がします。

まあゆっくりと戻ろうと思います。

|

« ■節子への挽歌5328:また(軽く)倒れてしまいました | トップページ | ■節子への挽歌5330:カサブランカが満開 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5328:また(軽く)倒れてしまいました | トップページ | ■節子への挽歌5330:カサブランカが満開 »