« ■節子への挽歌5335:今日も太陽に誘われました | トップページ | ■節子への挽歌5337:今日も畑で頑張りました »

2022/05/11

■節子への挽歌5336:「認められる欲求を超えてしまっているから」

節子

今日は湯島でオープンサロンでした。
最近、オープンサロンで私の生き方が話題になることがあります。
今日も後半少しそんな話になりました。

サロンでは「不安」が話題になったのですが、そこからみんな誰かに認められたがっているという「承認欲求」の話になりました。
そこから、ある人が、「佐藤さんは誰かに認められたいという欲求を超えている人だから」と言いました。みんなも何となく納得しているようです。

承認欲求は誰にでもあるでしょうし、私にももちろんあります。
しかし問題は、誰に認められたいか、です。
私の場合は、節子には認められたかったという気がしますが、節子がいなくなった今は、たしかにあまり承認欲求的な気持ちはありません。
世間に認められたところで、あまり意味があるとも思えない。
そもそも「認められる」ということの意味もよくわからない。

しかし、外から見ても、いまの私は「認められる欲求を超えてしまっている」ように見えるのでしょう。
私のことがサロンで話題になるのは、私の生き方がやはりどこかおかしいのかもしれません。
どこかで生き方が大きく変わってしあったのでしょうか。

節子がいない今、自分の生き方を評価する基準がないので、どうもすっきりしません。
やはり「生きる基準」と言うか、生きる根拠を与えてくれる人が欲しいです。

 

|

« ■節子への挽歌5335:今日も太陽に誘われました | トップページ | ■節子への挽歌5337:今日も畑で頑張りました »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5335:今日も太陽に誘われました | トップページ | ■節子への挽歌5337:今日も畑で頑張りました »