« ■節子への挽歌5334:「私の中では節子さんはまだ生きています」 | トップページ | ■節子への挽歌5336:「認められる欲求を超えてしまっているから」 »

2022/05/11

■節子への挽歌5335:今日も太陽に誘われました

節子

今朝の太陽はまぶしいほどに元気でした。
それでついふらふらとまた畑に出かけました。
カミユの「異邦人」のムルソーではないですが、太陽の眩しさには克てません。

まだ「畑」の荒れ地は、畑にはなっていないので(昨日も鍬を買いに行ったのに苗を買ってしまい、鍬を買うのを忘れてしまいました)、キチンと苗床をつくってからと思っていましたが、どうせ行くならと思い、買ってきた苗を植えられそうなところに植えてしまいました。
水を持っていくのも忘れてしまったので、心配ですが、刈り取った笹の葉を麦藁の代わりにまわりにおいて水分の蒸発を阻止するようにしました。
まあなんとかなるでしょう。

今回の目玉は小玉スイカです。
さてどうなりますか。

水筒も忘れたので、おかしくならないうちに帰宅。
でもかなりがんばったので、疲れて死にそうです。
ところが、畑から戻ってきたら、太陽が穏やかになった気がします。
太陽が私に合わせてくれているような気がします。

今日は湯島のサロンです。
だいぶリズムが戻ってきました。

 

|

« ■節子への挽歌5334:「私の中では節子さんはまだ生きています」 | トップページ | ■節子への挽歌5336:「認められる欲求を超えてしまっているから」 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5334:「私の中では節子さんはまだ生きています」 | トップページ | ■節子への挽歌5336:「認められる欲求を超えてしまっているから」 »