« ■節子への挽歌5340:生活事業研究会 | トップページ | ■節子への挽歌5342:また読書三昧 »

2022/05/15

■節子への挽歌5341:8本の野菜の苗は元気でした

節子

一昨日からかなり激しい雨風が続いたので、先日、畑に植えた野菜の苗がまた全滅するかと心配でした。
雨が上がったので、今朝、様子を見に行きました。
幸いに全員元気でした。
しかもトマトやナスを花をつけていました。

今日は、午前午後と集まりだったので畑作業はできませんでしたが、これなら大丈夫でしょう。

ついでに花壇部分の様子を見てきました。
ここも畑部分以上に笹や草が覆っています。
しかしいろいろなところで花も咲きだしています。
植えていた草花の芽は見つかりませんでしたが、シランが広がっていました。
バラの花も咲いていました。

ここは斜面地なので手入れしていくのはかなり大変です。しかも、節子がロックガーデンにしたいなどといって、石なども持ち込んでいたので、ますますややこしい。
節子がいなくなってから再開した時には、チューリップの球根を買い込んできて一面のチューリップにしたり、百日草の種をばらまいて百日草畑にしたり、まあ手を抜いての花壇づくりでしたが、それも挫折して、いまや花壇の痕跡すらありません。
困ったものです。

この時期は、雨との競争になります。
雨が勝てばまたまた草で覆われだします。
もうしばらく雨がおさまってくれているといいのですが。

|

« ■節子への挽歌5340:生活事業研究会 | トップページ | ■節子への挽歌5342:また読書三昧 »

妻への挽歌20」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5340:生活事業研究会 | トップページ | ■節子への挽歌5342:また読書三昧 »