« ■節子への挽歌5395:「61番目のホームズ作品」を読みました | トップページ | ■節子への挽歌5396:すべてを節子のせいにして、引きこもってしまっている »

2022/09/26

■考えることの大切さ

朝から3時間、YouTubeデモクラシ-タイムスで、914日に開催されたシンポジウム「国葬を考える」を視聴してしまいました。
主宰者の國分功一郎さんやパネリストの石川健司さんなどみなさんが、ともかく「考える」ことが大切だといっていたのが印象的でした。
ただ「反対」するだけではなく、いまなぜ「国葬」なのか、そしてその後、なにが始まるのか、を自分の問題として考える人が増えるといいと思っています。
https://www.youtube.com/watch?v=rU3niles4-U

先週から今週にかけて、湯島で3回のサロンをやっていますが、「国葬」をテーマにしてはいないのですが、私の中では、いずれもそうした問題につながっているのです。
昨日も少し話させてもらいましたが、「考える」ことをやめたら、もう人間とは言えないでしょう。
考えることをやめてパンのために生きるのは楽ですが、やはり私は最後まで人間として生きたいので、國分さんが以前著書で書かれていたように、バラを大切にしたいと思っています。バラにはトゲがありますから、避けたい気分も強いのですが。

 

|

« ■節子への挽歌5395:「61番目のホームズ作品」を読みました | トップページ | ■節子への挽歌5396:すべてを節子のせいにして、引きこもってしまっている »

政治時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5395:「61番目のホームズ作品」を読みました | トップページ | ■節子への挽歌5396:すべてを節子のせいにして、引きこもってしまっている »