« ■節子への挽歌5408:病院日記3 | トップページ | ■節子への挽歌5410:病院日記5 »

2022/10/21

■節子への挽歌5409:病院日記4

午後、掃除の方が来ました。個室なのでゆっくり話せる。
コロンビアの人です。でももう日本には30年ほどで柏在住。

彼女が言うには、コロンビアは外は騒がしいが病院内は静か、日本は反対で、外は静かで病院内は騒がしいそうです。騒がしさを身振りで見せてくれましたが、日本語がうまく通じずよくわかりませんでした。最近は見舞客がないので少しいいようですが。
仕事はしっかりと分けられていて、分を超えてはいけないそうです。

その後、看護師さんがやって来て、今日の夕方から4人部屋に移ることになりました。
快適な個室ともお別れです。
明日は退屈しないでしょう。

|

« ■節子への挽歌5408:病院日記3 | トップページ | ■節子への挽歌5410:病院日記5 »

妻への挽歌21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5408:病院日記3 | トップページ | ■節子への挽歌5410:病院日記5 »