« ■旧統一教会の存在に対して宗教界からの動きがなぜ出ないのか | トップページ | ■節子への挽歌5406:病院日記1 »

2022/10/20

■節子への挽歌5405:突然の入院

節子

またすっかり挽歌をさぼっていました。この間、思ってもいなかったことが起こりました。
いま病院に入院中です。それももしかしたらかなりの長丁場になりそうです。

一昨日、お腹の具合が悪いことがたびたび起こるので、検査に来たのですが、即入院になってしまいました。
かなり深刻な様子で、医師はどのくらいの入院かさえ教えてくれません。
ユカがいたので助かったのですが、一度帰宅し、午後入院。PCR検査も受けさせられました。

部屋は緊急だったので個室しかなく、とりあえずは個室。
というわけで、いろんなことをキャンセルしなければいけなくなりました。

病気は胆嚢胆石が膵臓に移動して起こった膵炎です。
まずは膵炎を直して、もし体力があれば胆嚢摘出だそうです。

入院後、やることもないので、フェイスブックに病院日記を書きだしました。
それを挽歌でも掲載することにします。
いろいろ思うことがたくさんあります。

こういう時に、節子がいないのはやはりつらいです。

Photo_20221022075501

|

« ■旧統一教会の存在に対して宗教界からの動きがなぜ出ないのか | トップページ | ■節子への挽歌5406:病院日記1 »

妻への挽歌21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■旧統一教会の存在に対して宗教界からの動きがなぜ出ないのか | トップページ | ■節子への挽歌5406:病院日記1 »