« ■「原爆投下、米国人医師は何を見たか」(原書房)をお勧めします | トップページ | ■節子への挽歌5477:市議選で落選した石井さんが報告に来ました »

2022/11/24

■湯島サロン「起業家として〈働く〉を考える」のご案内

「企業で働く」「在宅ワーク」に続く、「働く」を考えるサロンパート3です。

今回は、起業家として「働く」を体験し、いまは働く自分の問題と経営者としての社員の働きを日々体験している橋本典之さんに話題提供をお願いしました。

橋本さんとは彼が大学生時代からのお付き合いです。
一時期、私が取り組んでいたプロジェクトにも関わってもらったこともありますが、橋本さんは卒業後、理学療法士として、病院に就職したのですが、間もなく仲間と一緒に起業し、いまもその会社で働いています。

その会社(株式会社アクト・デザイン)はいまは50人ほどの規模になり、いろいろな価値観を持つ社員たちとの交流の中で、雇用すること、経営すること、働くことの葛藤に日々頭を抱えているそうです。
http://www.act-design.org/about.html
また橋本さんは、多忙ななかを学生の頃から関わっていたNPO(全国マイケアプラン・ネットワーク)の運営委員としても活動しています。

そうした幅広い活動を通して、橋本さんが「働くこと」についてこれまで体験的に考えてきたことなどを話してもらいながら、これまでとはちょっと違った視点で「働く」を考えていけたらと思います。

橋本さんが起業に参画したのは、医療福祉に関する自らのビジョンの実現にも関連しています。橋本さんにとっての「働く」ことの意味は、「生きる」ことに深くつながっています。これまでは「働き方」が主な話題でしたが、今回は「働く意味」も話し合いの対象にしたいと思います。

これから起業を考えている人もいると思いますが、橋本さんの体験から学ぶことも多いと思います。ぜひ多くの人に参加していただきたいと思っています。

〇日時:2022年12月11日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「起業家として〈働く〉を考える」
〇話題提供者:橋本典之さん(株式会社アクト・デザイン)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

|

« ■「原爆投下、米国人医師は何を見たか」(原書房)をお勧めします | トップページ | ■節子への挽歌5477:市議選で落選した石井さんが報告に来ました »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■「原爆投下、米国人医師は何を見たか」(原書房)をお勧めします | トップページ | ■節子への挽歌5477:市議選で落選した石井さんが報告に来ました »