« ■節子への挽歌5531:川口通いがまた始まりました | トップページ | ■節子への挽歌5532:「元気になりたくて電話しました」 »

2023/02/24

■湯島サロン「ソーシャル・キャピタル」のご案内

先月、大守隆さんにお願いして「ソーシャル・キャピタルから見た社会の劣化」をテーマにサロンをやっていただきました。
定員限度を超えての申し込みがあり、ソーシャル・キャピタルという言葉への関心の高さを感じましたが、ソーシャル・キャピタルそのものはあまり知らない人が多かったのに気づかされました。

たしかに一時は盛んに言われ、福祉の世界でも話題になって指標開発などの動きもありました。私も地域包括支援センターの関係でささやかに関わらせてもらいましたが、最近はあまりこの言葉自体に触れることがなくなりました。

そこで改めて、「ソーシャル・キャピタル」そのものをテーマにしたサロンを開催することにしました。
私からソーシャル・キャピタルに関する基礎的な話を少しだけ提供させてもらったうえで、社会をどう捉えるか、その社会にとって大切なものは何なのか、などを生活目線で話し合えればと思います。
社会のあり様や人のかかわり方などに関心のある方はご参加ください。

ちなみに湯島のサロン活動も、私の思いとしては、ソーシャル・キャピタルを意識した「コモンズ」活動なのです。また、湯島でやっている生活事業研究会の基本テーマも、「ソーシャル・キャピタル」を豊かにしていこうというものです。
そのあたりも少しだけお話しさせてもらえればと思っています。

〇日時:2023年3月18日(土曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「ソーシャル・キャピタル」
〇話題提供者:佐藤修(CWSコモンズ村村長)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

 

|

« ■節子への挽歌5531:川口通いがまた始まりました | トップページ | ■節子への挽歌5532:「元気になりたくて電話しました」 »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5531:川口通いがまた始まりました | トップページ | ■節子への挽歌5532:「元気になりたくて電話しました」 »