« ■節子への挽歌5683:物事はよく見ないとなかなか見えてこない | トップページ | ■「ペットボトル水現象は現代のチューリップ・バブル」 »

2023/07/06

■節子への挽歌5684:愛用のサンダルがもうヘロヘロです

節子

昨日は川口のコミーには、いつものようにサンダルで行ったのですが、手厳しい社員の朴さんに、サンダルなのですか?と言われてしまいました。
家を出るときにも娘から今日もサンダルなの?と言われましたが、私には今やサンダルは正装なのです。

でもそのサンダルもかなりヘロヘロになっているので、新しいサンダルに替えないといけません。いかにも見た目が悪いのです。でも履き心地は最高なのですが。
履きやすくなったころにはヘロヘロになってしまうという矛盾をどう超えるか、いい方法はないでしょうか。
フェイスブックにそう書いたら、修繕して使えばというコメントがありました。でも修繕するにはどうしたらいいのか。何しろそこが擦り切れてしまっているのですから。

いま愛用しているサンダルは2代目なのですが、同じ商品なのに、微妙に履き心地は違うのです。1足目が特にいい。同じ商品なのに違うのです。

でもまあそろそろ3代目を買おうと思います。
さて今度の相性はどうでしょうか。

 

|

« ■節子への挽歌5683:物事はよく見ないとなかなか見えてこない | トップページ | ■「ペットボトル水現象は現代のチューリップ・バブル」 »

妻への挽歌21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5683:物事はよく見ないとなかなか見えてこない | トップページ | ■「ペットボトル水現象は現代のチューリップ・バブル」 »