« ■がん民間療法体験9:民間療法疲れ | トップページ | ■湯島サロン「自死遺族としてみんなが生きやすい社会を考える」のご案内 »

2023/09/29

■がん民間療法体験10.アーシング

今日は癌民間療法を休んで、無為に過ごす予定だったのですが、午後から陽射しに誘われて散歩に出て、手賀沼公園に行ったら、先日のサロンで話題になっていたアーシングを思い出しました。
大地のパワーをもらおうという健康法です。

幸いに手賀沼公園の広場は、暑さと陽射しのせいか、誰もいません。
これはいいと思って、裸足になって広場を歩きました。
ちょうど今、手賀沼公園は野草を刈り取ったところで、いささかチクチクしましたが、気持ちがいい。
少し歩き回った後、木陰で寝転ぶことにしました。
実に気持ちがいい。見上げると空もとてもきれいです。
ついでに自分の写真(本当は大の字姿を撮りたかったですが、できないので顔のアップ)を撮ったら、目より鼻の穴が数倍大きいのが目立つのでアップしたくなかったのですが、まあ雰囲気を伝えたくてついでに載せました。

一人でなければ、もうしばらくここで大の字で寝ていたかったのですが、寝込んだら遺体に勘違いされそうなので、残念ながら5分ほどでやめました。
あまり帰りが遅いと娘から電話が入りかねませんし。

しかし裸足で歩くのは実に気持ちがいい。
大地と触れ合うというこの健康法は私向きです。
正規の取り組みプログラムとして採用することにしました。
先日のサロンでは、アーシングマットなどの紹介があったのですが、私の場合は、直接に大地に触れあうことは以前からの関心事でしたので、それを取り入れることにしました。

というわけで、がん民間療法体験は、休んだのは半日で終わってしまいました。
水素風呂も飲み物も、復活します。

新しいメニューがあると、やはり飽きません。
ただ明確な成果がいずれからもまだ確信できないのがちょっと残念です。

 

|

« ■がん民間療法体験9:民間療法疲れ | トップページ | ■湯島サロン「自死遺族としてみんなが生きやすい社会を考える」のご案内 »

医療時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■がん民間療法体験9:民間療法疲れ | トップページ | ■湯島サロン「自死遺族としてみんなが生きやすい社会を考える」のご案内 »