« ■節子への挽歌5819:半田さんが元教え子たちと来てくれました | トップページ | ■節子への挽歌5820:仕事を楽しみすぎていたかもしれないという反省 »

2023/12/18

■今年最後の年末オープンサロンのご案内

今年もたくさんのサロンを開催させてもらいました。
私以外の人が主催するサロンも、増えてきています。
今年は、会場維持のための経済的支援もみなさんからいただきましたので、安心して年も越せます。
ご支援に感謝します。

例年、年末年始にオープンサロンを開催していますが、今年最後の年末サロンは、1229日の正午~4時を予定しています。いつものように出入り自由です。
新年のサロンは、3日(水曜日)を予定しています。初めての三が日開催です。これも正午~4時の、出入り自由のサロンです。

時間が長いのは、原則、自由な時間に来てコーヒーを飲んで帰るという「オープンカフェ」スタイルを想定しているからです。メニューは、コーヒーと紅茶だけですが。
もちろん長居してもらっても大丈夫です。私は一応、ずっといる予定です。

昼食時からの始まりなので、昼食をされたい方は隣のサミットでお弁当でも買って持ち込んでください。
いつもよりも始まりは2時間早いですが、終わりは4時に必ず終わりたいです。

近くの湯島天神や神田明神は混んでいるかと思いますが、お詣りついでに湯島のサロンにも気が向いたら顔を出して、新年の抱負など聞かせてください。
そういえば、湯島にも永田さんが持ち込んだ「お賽銭箱」がありますので、気が向いたらどうぞ。もちろん何の御利益もありませんが、ご災厄もないでしょう。

ちなみに、私は一応、来年も1年間、サロンを続けることにしていますので、最後の顔を見に行こうという人(最近、時々そういう人がいます)は、わざわざそのためにのみ参加する必要はありません。前立腺がんとも、いまのところ仲良くやっていますし、脳の切れかかった2本の血管も元気のようです。念のため。

〇日時:2022年12月29日(金曜日)正午~4時
           2023年1月3日(水曜日)正午~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

 

|

« ■節子への挽歌5819:半田さんが元教え子たちと来てくれました | トップページ | ■節子への挽歌5820:仕事を楽しみすぎていたかもしれないという反省 »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5819:半田さんが元教え子たちと来てくれました | トップページ | ■節子への挽歌5820:仕事を楽しみすぎていたかもしれないという反省 »