« ■12月オープンサロン報告 | トップページ | ■湯島サロン「不登校やひきこもりの子どもや人に家族として出来ること」のご案内 »

2023/12/19

■節子への挽歌5821:やはり見舞いなのです

節子

最近、なぜかいろんな人がやってくると思っていたら、どうも私のがんを知って、見舞いがてらにやってくるのかもしれません。

たとえば半田さんからは翌日こんなメールが来ました。

一見したところ、いつもと変わりなく見え、振る舞われていたので、あらためて佐藤さんの精神の強さに感服した次第です。ともかくも最新の治療を受けられる決心をされたと聞き、うまくいってくれることをこころより願っております。
非常事態なのですから、セーブできるところはセーブしてどうぞ養生を第一にお過ごしください。

一緒に来た元教え子は、次のように書いてきました。

先生よりお身体のこと伺ってから、お会いして何とお話して良いかと思ったりもしましたが、実際お会いすると逆にこちらが励まされる思いがして、恐縮するやら、ほっとするやら、驚くやら、複雑な気持ちになりました。

そんなこととは露知らず、いい加減な対応をしてしまっています。
少しは病人らしくしなければいけませんね。

|

« ■12月オープンサロン報告 | トップページ | ■湯島サロン「不登校やひきこもりの子どもや人に家族として出来ること」のご案内 »

妻への挽歌21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■12月オープンサロン報告 | トップページ | ■湯島サロン「不登校やひきこもりの子どもや人に家族として出来ること」のご案内 »