« ■一条真也さんの「資本主義の次に来る世界」紹介 | トップページ | ■節子への挽歌5819:半田さんが元教え子たちと来てくれました »

2023/12/15

■節子への挽歌5818:寒い寒い日でした

節子

節子がお世話になった国立がん研究センターの東病院に私もお世話になることになりました。
12月27日に、初診の予約をとりました。
そう決まった途端に、何かどさーっと気分が重くなってしまい、昨日から元気が出ません。しかも天気もよくなく、今日は特に寒い1日でした。
まるで私の気持ちが、天気になって表れているようです。

この3日間、療法日課もさぼっています。
リズムがくるってしまいだしています。
修復しようと思ってもなかなかできません。

その一方で、この数日はいろんなことがありました。
といっても、ネット上のことですが。
いつかまた書くこともあるかもしれませんが、人と付き合うと楽しいことも多いですが、いやなことも多い。ひきこもりの人たちの気持ちが、少しわかるような気もします。

なんだか年の最後に、いやなことが起きそうで、閉じこもりたい気分です。
明日から3日間、湯島でサロンです。
いろんな人にも会えそうです。
元気が回復するといいのですが。

|

« ■一条真也さんの「資本主義の次に来る世界」紹介 | トップページ | ■節子への挽歌5819:半田さんが元教え子たちと来てくれました »

妻への挽歌21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■一条真也さんの「資本主義の次に来る世界」紹介 | トップページ | ■節子への挽歌5819:半田さんが元教え子たちと来てくれました »