« ■節子への挽歌5811:今日、治療方針を決めます | トップページ | ■節子への挽歌5813:若者たちの新しいプロジェクト »

2023/12/06

■節子への挽歌5812:前立腺がんの検査結果がでました

節子

前立腺がんのPSA値の検査結果が出ました。
またまた中途半端な結果に終わってしまいました。
前回の5441に低下したのです(正常値は4以下)。
せめて30代を期待していましたが、これでは私の感覚では誤差範囲なのです。

 主治医は、私がもう少し様子を見たいというのを期待していたようですが、私は陽子線治療を受けたい旨、申し出て北柏のがんセンターへの紹介状をお願いしました。
放射線治療は主治医のお勧めではないのですが、了解を得ました。
まさか節子がお世話になったがんセンターに自分が通院することになるとは思ってもいませんでした。

ところで、私のがんは、「高リスクがん」の上に、ともかく大きいので、転移が危ぶまれるそうです。
放射線治療をやるともう手術はできませんよと言われました。
まあそれはそれであきらめなければいけません。
手術しても完治の確率は7割と最初に言われています。

がんセンターですぐ見てもらえるわけではありません。
ですから年内は、いまのスタイルで取り組んでいこうと思います。

しかし、この数か月の体験で、「病いとは何か」「治療とは何か」「民間医療とは何か」「ケアとは何か」の理解がさらに大きく進みました。
がん細胞ワルサくんと関心を持ってくださった友人たちのおかげです。

|

« ■節子への挽歌5811:今日、治療方針を決めます | トップページ | ■節子への挽歌5813:若者たちの新しいプロジェクト »

妻への挽歌21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5811:今日、治療方針を決めます | トップページ | ■節子への挽歌5813:若者たちの新しいプロジェクト »