« ■前立腺がん治療体験報告9;陽子線治療を始めることにしました | トップページ | ■節子への挽歌5886:健全な老化 »

2024/02/15

■節子への挽歌5885:がんセンターでの診察結果も同じでした

節子

今日はがんセンター東病院の診察でした。
ジュンに送ってもらいました。

昨日につづき、また採血検査でしたが、結果は当然ながら昨日とほぼ同じでした。
ということで、早速、治療に入ることになりました。
思っていた以上、期間は長く、21日間、毎日、治療に通わなければいけません。
またホルモン療法も、2年間、続けなければいけないそうです。
放置しておく選択もありますが、骨に転移したらつらいので、治療を受けることにしました。
詳しくは時評編に書いておきました。

さてこれからが大変です。
幸いに3月以降の予定はあまり立てていなかったので、何とか対応はできるでしょう。
ユカやジュンには迷惑をかけることになりますが、まあ仕方がありません。

しかし肝臓や膵臓の問題が回避されたのはよかったです。
もちろんまだ解決したわけではないので、落ち着いたらこちらも対応しなければいけませんが。

最近実はもう一つ問題が発生しています。
腰痛です。
長く座っていて立ちあがると痛くてすぐには歩き出せないのです。
10歩ほど歩くと大丈夫なのですが。
整形外科に行くかどうか、迷っていますが、しばらくはともかく歩くことで解決できないか試してみようと思います。
それにしても最近は身体はボロボロです。

|

« ■前立腺がん治療体験報告9;陽子線治療を始めることにしました | トップページ | ■節子への挽歌5886:健全な老化 »

妻への挽歌21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■前立腺がん治療体験報告9;陽子線治療を始めることにしました | トップページ | ■節子への挽歌5886:健全な老化 »