« ■第2回脱ひきこもりサロン「ひきこもり当事者の親にできること」報告 | トップページ | ■節子への挽歌5898:闘う女性たち »

2024/02/27

■第3回脱ひきこもりサロン「ひきこもりの精神世界を紐解いてみませんか」のご案内

脱ひきこもりサロンの3回目は、ちょっと不謹慎だと叱られそうですが、思い切りスタイルを変えて、真剣だけど深刻じゃないエンタメ型サロンにしたいと思います。

重いテーマであればこそ、時には思い切り気を抜いてのブレークスルーも必要です。
もっともこんな取り上げ方に怒りを感ずる人もいるでしょうが、そういう人は今回は案内を読むことも含めてパスしてください。
いろんな考えを許し合うのが、湯島のサロンの精神ですので。

話題提供者は、脱ひきこもりサロンの直前に「不登校・ひきこもり」をテーマにサロンを開いてくれた土佐みやえさんです。
土佐さんは、脱ひきこもりサロンにも毎回参加していますが、精神世界、つまりスピリチュアルの世界からひきこもりの状態を紐解いていくと、意外にも納得するところがたくさんあると言います。それで、そういうご自分の体験や思いをみんなに伝えて、一緒に話し合いたいと思うと申し出てくれたのです。

土佐さんは、今までいろんな講演会や講座に参加したけれど、なかなか状態が変わっていかないと感じている方に新しい視点を伝えたいので、ぜひ参加してほしいと言っています。

土佐さん自身、子どもさんの「不登校・ひきこもり」を体験し、乗り越えてきた方です。同時にたくさんの事例にも触れてきています。そういう積み重ねの中から、「ひきこもりのパワー」のようなものも感じられているような気がします。
私もそういう思いもあって、そうしたパワーや知見をもっと社会に向けていけないかと考えています。
問題解決の方向で考えていてばかりいては、見えてこないものがあるのではないか。今回のサロンでは、そんなことも少し視野に入れられればと思っています。

土佐さんは、エンタメ程度に軽くやっていきたいと話しています。
その主旨をご理解いただき、多くのみなさんに参加していただき、新しい気付きをぜひ得てほしいと思います。

〇日時:2024年3月17日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:CWSコモンズ村湯島オフィス
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「ひきこもりの精神世界を紐解いてみませんか」
〇問題提起者:土佐みやえさん(家庭内傾聴ファシリテーター)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

|

« ■第2回脱ひきこもりサロン「ひきこもり当事者の親にできること」報告 | トップページ | ■節子への挽歌5898:闘う女性たち »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■第2回脱ひきこもりサロン「ひきこもり当事者の親にできること」報告 | トップページ | ■節子への挽歌5898:闘う女性たち »