« ■節子への挽歌5889:もう少し生きつづけよう | トップページ | ■節子への挽歌5891:今もわが家の周囲は風が強いです »

2024/02/19

■節子への挽歌5890:ボストンからの電話

節子

節子が逝ってしまった後のことなので節子は面識はありませんが、前にも書きましたが、ボストン在住のSさんが、日本に帰国すると湯島のサロンに参加してくれます。
今年もまた日本に来ることになったとで、サロンへの参加をしたいと電話が来ました。
来日を決めたのは一昨日で、それからチケットを手配し、すぐに連絡をくれたのだそうです。

昨年末にSさんからはクリスマスカードが届きましたが、その返事を先週やっと出したのですが、それも見てくださったようです。手紙には、せっかくなので、サロンに参加するだけでなく、サロンを開いていただけないかと書いたのですが、それも引き受けてくださいました。
いつもながらのSさんで、丁寧なお話しぶりには痛み入るばかりです。

Sさんは日常的な生活ではインターネットは使っていません。ですから連絡の基本は電話と手紙なのです。
ただ、時々、私のブログを読んでくださっているようで、私が前立腺がんになったことも知っています。それも気遣ってくださっているようですが、まさにSさんの在日期間は、私の治療時期にほぼ完全にかぶさっています。
でもまあ、サロンの時間は取れるでしょう。
いささか気になりながらも、4月1日にSさんのサロンを開催することにしました。

やはり生きているといろんなことが起こる。
3年を5年に延ばしてもいいかもしれません。
まあそれが許されるのならば、ですが。

|

« ■節子への挽歌5889:もう少し生きつづけよう | トップページ | ■節子への挽歌5891:今もわが家の周囲は風が強いです »

妻への挽歌21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5889:もう少し生きつづけよう | トップページ | ■節子への挽歌5891:今もわが家の周囲は風が強いです »