« ■湯島サロン「エルモット村からのお誘い」のお誘い | トップページ | ■節子への挽歌5986:朝の異変 »

2024/05/18

■前立腺がん治療体験報告29:病気の医療から健康の医療へ

前立腺がん騒動はあっけない幕切れでしたが、なんだか楽しみがなくなった感じです。
念のために言えば、前立腺がんが完治したわけではありませんし、心配がなくなったわけでもありません。
それに、数年後に陽子線治療の弊害が出てくることもあるそうで、その場合は、また国立がん研究センター東病院に行ってくださいとまでいまの主治医には言われました。

いま気になる副作用はないわけではありません。
たとえば、夜中にトイレに起きる回数は半端ではなく、昨夜も5回です。
最近は熟睡した後の目覚めを味わったことがありません。
東邦病院の主治医は水を控えるしか方法はないと言い切りましたが、水を飲まないと今度は脳神経外科の関係でリスクがあるのです。
丹田へのお灸がいいと勧められてやったのですが、私の不手際で水泡ができてしまいいまは痛くてお灸どころではありません。これがまたなかなか治らない。

放射線による身体の疲れは免疫低下を起こしているようです。
先日も歯茎が腫れてしまった。

ホルモン療法の副作用もあります。
いわゆるホットフラッシュに時々襲われる。
それにともかく食欲が強まり何かを食べたくなる。
間食を抑えようとしていたのですが、守り切れずにいます。
でもそうやって食べてしまうと今度は消化器系の違和感が出てくる。
身体の私と心の私と意識の私が分裂している。困ったものです。

民間療法は続けていますが、これが結構面倒で、私のような怠惰な人間には結構ストレスでもあります。

まあ一番の問題は、前立腺がんへの対応の仕方がわからなくなってしまったことです。
なんだか中途半端な終わり方ですから。
前立腺がんアドバイザーになろうという思いも完全に消えてしまいました。
つまり「前立腺がん」は「医原病」なのです。でも健康維持のためには大切でもある。
そこをどう整理すればいいか、いま迷っているのです。

病気の医療から健康の医療に、大きな流れを変えたいと改めて強く思います。

 

 

|

« ■湯島サロン「エルモット村からのお誘い」のお誘い | トップページ | ■節子への挽歌5986:朝の異変 »

医療時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■湯島サロン「エルモット村からのお誘い」のお誘い | トップページ | ■節子への挽歌5986:朝の異変 »