« ■前立腺がん治療体験報告28:前立腺がん騒動は終了しました | トップページ | ■コモンズブックルームへのお誘い »

2024/05/16

■節子への挽歌5982:朝、長いメールが届いていました

節子

昨夜もよく目が覚めました。本も読めない。
それで今朝は5時起床です。夏になれば、というか、そろそろ5時起床にしてもいいかもしれません。

長いメールが届いていました。
湯島のコーヒーメーカーを壊した人からの謝罪のメールです。
壊れたのはコーヒーメーカーではなく、コモンズの精神だと伝えていたのに、なかなか理解してもらえません。
どうも昨日、持ち帰ったペットボトルやお菓子を届けに行ったそうです。
ますますコミュニケーションが成り立っていない。

湯島のサロンでのお菓子やペットボトルの飲み物は、できれば辞めたいと思って、何回かやめようとしましたが、その都度、参加者がお菓子を持ってきたり、冷蔵庫からペットボトルを出してくるので、あきらめました。
コモンズ空間はなかなか難しい。

コップなども洗剤を使わずに洗いたいのですが、みんなに任せると洗剤を使う。さらに洗剤も持ってくる。
ごみはできるだけ集めてと思うのですが、毎回、袋に入れて廃棄する。
ありがたいことなのですが、プラスチックごみや洗剤による環境汚染を考えるとどうも気が重い。でもまあ、私だけのわがままも通せない。
お菓子もそこにあると、私もついつい食べてしまう。
最近は私は補充しないようにしていますが、補充しなくなると誰かがますます持ってくるようになる。
最近はペットボトルもいろんな人が持ってくる。

困ったものだと思いながらも、もしかしたらこれこそ「コモンズ」かもしれないと思い出していた矢先の、今回のコーヒーメーカー破損とペットボトル持ち帰り事件が起きたのです。
なんだか力が抜けてしまった。
それもあって昨夜は眠れなかったのかもしれません。

朝の長いメールの言い訳に、私も長い返信をしました。
雨降って地固まる。コモンズ関係が回復するといいのですが、難しいかもしれません。

節子がいたらこんなことにはならなかったでしょう。

|

« ■前立腺がん治療体験報告28:前立腺がん騒動は終了しました | トップページ | ■コモンズブックルームへのお誘い »

節子への挽歌22」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■前立腺がん治療体験報告28:前立腺がん騒動は終了しました | トップページ | ■コモンズブックルームへのお誘い »