« ■節子への挽歌5977:身体疲労は遅れて現れる | トップページ | ■節子への挽歌5978:コモンズの悲劇の始まり? »

2024/05/13

■オープンカフェを始めます

また新しいサロンをスタートします。
今度は「場としてのサロン」です。

いつもながらの思いつきですが、長年ずっと考えて、少しずつトライしてきたことです。
毎月、1~2回、湯島の場所を解放するという試みです。
朝は8時から夜は9時までです。
飲み物などはセルフサービスですが、コーヒーと紅茶などは自分で入れられるように用意しておきます。ペットボトルのお茶も冷蔵庫に入れておきます。

そこで本を読むなり、パソコン仕事をするなり、あるいは喫茶店代わりに使ってもらうなり、自由に使ってもらいます。ちょっとしたミーティング場所にも。
いま検討している「コモンズ図書棚」も進行中なので、サロン仲間が持っていた書籍もありますので、それを読んでもらうのもありです。
もしかしたら、水素ガス吸引器を使ってもらうこともできるようにします。
利用可能者は一応、湯島サロンの仲間とその同行者に限定します。

要するに、みんなのコモンズカフェなのです。
飲み物のための費用や場所の維持費用のために、使った人はいつものように、どこかにあるボックスにワンコインを目安に置いて行ってもらいます。水素ガス吸引は30分から1時間を目安にこれもワンコイン。

これはいまのサロンもそうですが、「代金」ではなくコモンズの仕組みを維持するための、みんなが負担する「会費」とお受け止めください。代金意識の方はご不要です。

私は気が向いたら行くようにしますが、できるだけ行かないようにします。
毎回、自発的に手をあげてくれた人にホスト役をお願いしたいですが、誰もいない場合は、無人カフェです。まあ最初から最後まで付き合う人はいないでしょうから、基本は無人カフェです。鍵をどうするかが問題ですが、実際にやっていきながら模索します。

2~3か月試みて、どんな「場」をめざしたらいいのかを話し合うサロンを開いて、その先の展開を考えます。

というわけで、とりあえず5月31日に一度、実験的に開催してみます。
どなたか当番をやってもいいと言う方がいたら、可能な時間をお知らせください。
私はいまのところ行けるかどうか不明です。

さてさてどういう展開になりますか。
もしかしたら今回だけで幕を閉じるかもしれませんが。

最初は仕組みがうまくできていないので、利用者は必ず私宛にご連絡ください。最初の利用者に鍵の開け方をお知らせしますので。また万一、鍵がかかっていて入れない場合は、私宛(090-7417-1679)にご連絡ください。いつもはあまり出ない携帯電話ですが、この日はきちんと持ち歩いて受けるようにし、対策をすぐに考えます。

実験的なスタートなので、ご迷惑をかけることもあるかもしれませんが、まあそれがコモンズの性質だと言う気もしますので、ご了解ください。

〇開催日:2024年5月31日(金曜日)午前8時~午後9時
〇場所:CWSコモンズ村湯島オフィス
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇会費:500円(目安です)
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

 

|

« ■節子への挽歌5977:身体疲労は遅れて現れる | トップページ | ■節子への挽歌5978:コモンズの悲劇の始まり? »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5977:身体疲労は遅れて現れる | トップページ | ■節子への挽歌5978:コモンズの悲劇の始まり? »