« ■節子への挽歌5967:降圧剤がなくなってました | トップページ | ■第1回ブックサロン報告 »

2024/05/07

■前立腺がん治療体験報告27:低位安定の体調

前立腺がんとは関係ありませんが、血圧が高いため、降圧剤を服用していますが、1週間ほど前になくなってしまいました。あいにく連休に入ったため、薬をもらいに行けません。ようやく連休があけたので、陽子線治療の終了報告も兼ねて、かかりつけの遠藤クリニックに行って薬をもらってきました。
血圧はやはりかなり高くなっていました。

副作用の話です。
夜中にトイレに起きる回数は2週間ほどで元に戻ると言われていましたが、なかなか戻りません。そのため、どうも「よく寝た」という実感が持てません。それが疲労感の一番の原因かもしれません。しかも最近、昼間まで頻尿気味です。しかも突然我慢できなくなってくる。困ったものです。
どなたか頻尿対策について良策があれば教えてください。

ホルモン療法の副作用と言われるホットフラッシュは、時々体験するようになりました。急に上半身が熱くなり、時に汗が出る。でもまあ大したことはない。
今日、遠藤さんからは毛髪が増えてくるよと言われましたが、残念ながらその気配はありません。

これも今日、遠藤さんに注意するよう言われたのですが、筋力が落ちているので、転ばないようにということです。
実は最近2回外で転んでしまいました。一度は駅の階段を上がりきったところで転んで周りに人から大丈夫ですかと声をかけられました。まあその時は大丈夫だったのですが、今も痛い。ひびでも入ったのでしょうか。困ったものだ。

でも幸いにその後は転んでいません。でも時々、左足が突然カクっと折れそうになるのです。注意しなければいけません。
幸いに、病院の待合室で教えてもらった「工藤体操」をつづけていますので、徐々に治るか、あるいは悪化しないかのいずれかでしょう。
というわけで、体調は大きくは変わっていません。

何も書かないと時に心配して電話が来るので、まあ大丈夫、という報告です。
5月15日に、3回目のホルモン療法注射で病院に行った時に、血液検査でその後の状況がわかる予定です。
最近は週休2日のリズムをとるようにしています。私の「休」は在宅でテレビを見て読書をするという意味ですが。

|

« ■節子への挽歌5967:降圧剤がなくなってました | トップページ | ■第1回ブックサロン報告 »

医療時評」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5967:降圧剤がなくなってました | トップページ | ■第1回ブックサロン報告 »