« ■前立腺がん治療体験報告26:病人を治すか病気を治すか | トップページ | ■病気について明るく話し合うサロンのご案内 »

2024/05/01

■節子への挽歌5960:サロンのアイデア続出

家にいるといろいろやりたくなってきます
サロンのアイデア続出です。
しかし最近は他の人のサロンも増えてきていて、思い付きサロンをやる日がなかなか見つかりません。

たとえば、読んだ本を紹介し合うブックサロンはもう呼びかけましたが、ほかにも「病気について明るく話すサロン」とか「テレビドラマを観ながらの話し合いサロン」「無人のオープンカフェサロン」アドなど、いずれももう案内文はつくってあるのですが、日程が確保できないでいるのです。
我孫子でのサロンも、新しいスタイルのをまた始めようと思っています。

陽子線治療のせいかもしれませんが、最近どうも身体的な疲れが強まっています。その一方で、こうした何か新しいことをしたいという思いは強まっている。
もしかしたら、身体と思いは、こうやってバランし合っているのかもしれません。

しかしまずは身体的な回復です。
何もしない在宅の日をできるだけ増やそうと思っています。

|

« ■前立腺がん治療体験報告26:病人を治すか病気を治すか | トップページ | ■病気について明るく話し合うサロンのご案内 »

妻への挽歌21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■前立腺がん治療体験報告26:病人を治すか病気を治すか | トップページ | ■病気について明るく話し合うサロンのご案内 »