« ■節子への挽歌5985:メダカが生まれていました | トップページ | ■前立腺がん治療体験報告29:病気の医療から健康の医療へ »

2024/05/18

■湯島サロン「エルモット村からのお誘い」のお誘い

今日は久しぶりの「エルモット村からの発信」サロンです。
いつもと時間が違い、午前中のサロンです。

もう5年ほど前になりますが、湯島で「見えない世界を感じながら生きている人が構想する地上の楽園」を呼びかけるサロンがありました。
呼びかけたのは、異文化異次元交流カフェ“エルモット村”のカシュカシュさんこと内藤明子さんでした。
その報告は次にあります。

http://cws-osamu.cocolog-nifty.com/cws_private/2019/08/post-eff3c5.html

そのカシュカシュさんが、地上の楽園“エルモット村”の構想がほぼまとまったので、いよいよ実現に動き出すと連絡がありました。まずは構想実現のための資金確保にむけて、“エルモット村”にもつながるスマホアプリの開発だそうです。
いま精力的に仲間集めや資金集めの活動に取り組んでいますが、湯島でもサロンをやってくれることになりました。

カシュカシュさんがまとめた「エルモット村構想の全容」は次の動画にまとめられています。25分とちょっと長いですが、内藤さんの思いがわかりやすくまとめられています。ぜひご覧ください。

https://youtu.be/_l2rtItkHM4

エルモット村構想の理念は、CWSコモンズ村の理念と重なるところもあります。
私も応援したいと思っています。
カシュカシュさんは、この動画を見て、ぜひこの活動につながっていってほしいと思っているようです。
サロンでは、この動画をまずは改めてみんなで見て、内藤さんへの質疑や意見を出し合い、この構想の実現に向けての話し合いができればと思います。

カシュカシュさんからのメッセージを最後につけておきますので、ぜひ読んでください。

生きづらさを感じている方、退屈している方、新しい活動をしたい方、そうでない方、どなたでも大歓迎です。異質な世界に触れるいい機会でもあります。
みなさんのご参加をお待ちします。

〇日時:2024年5月26日(日曜日)午前10時~12時
  *いつもと時間が違うのでご注意ください。
〇場所:CWSコモンズ村湯島オフィス
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ: エルモット村からのお誘い
〇問題提起者:カシュカシュ、こと、内藤明子さん(エルモット村代表)
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

〔内藤明子さんからのメッセージ〕

みなさま、ご無沙汰しています。
前回のサロンは受付停止になるほどの満員御礼で、本当にありがとうございました。

裾野の広い高山の、どこを登山口にしようかと長年ず〜〜〜っと迷っておりましたが
ようやく、第一歩を踏み出す覚悟と道筋をつけることができました。

https://youtu.be/_l2rtItkHM4?si=rThaJHyT21YVylhl

説明動画は25分間と長尺ですが、世の中の概念にない説明が必要なため
これ以上短くすることができませんでした。
中身は濃いので、新たな情報インプットにはお役に立てると思います。

動画下の概要欄に、簡単なPDF資料へのリンクも貼っております。
いいねボタンやコメントを入れてもらえたら
拡散されやすくなるので、ぜひご協力お願いしますm(__)m

そして、サロンでは、疑問・質問・こんなことやってみたい、など
皆様のご意見をぜひお聞かせいただけたらと思っています。

お会いできるのを楽しみにしております!

 

|

« ■節子への挽歌5985:メダカが生まれていました | トップページ | ■前立腺がん治療体験報告29:病気の医療から健康の医療へ »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5985:メダカが生まれていました | トップページ | ■前立腺がん治療体験報告29:病気の医療から健康の医療へ »