« ■節子への挽歌5962:のどかで平和な上野公園 | トップページ | ■杉並の奇跡から静岡の奇跡へ »

2024/05/03

■節子への挽歌5963:友人が静岡県知事選に立候補

節子

湯島のサロン時々参加していた濱中さんから連絡があり、失言で辞任した川勝さんの公認知事を決める静岡知事選に濱中さんが立候補するので相談に乗ってほしいと連絡がありました。
立候補のための供託金を確保するために浜松の自宅を売却することにしたというのです。

いささか突然のことなので、まずは立候補を止めようと思い、会うことにしたのですが、合ってみたら、決意は固くすでに家の売却手続きも済ませたそうです。
いつもながらの行動でいささか心配ですが、決めた以上は応援しようと思います。

と言っても静岡の県民でもないので、なにができるかわからない。
まあそれなりに考えて、できるだけ応援になるような活動をしようとは思っています。

濱中さんは、交通事故が原因でいろんな不条理な目に合っていて、今はかなり「怒り」の渦中にいますが、怒りからは何も生まれないと彼女には伝えています。
個人的な不幸には、多くの人は共感はしてくれません。
同情と共感は全く違います。

彼女がいまの詩的な怒りからどれだけ抜け出せるかがポイントですが、逆に言えば、この選挙で怒りをコモンズ的なものに変えていけるかもしれません。
ともかくそうなるように、私も協力する予定です。

|

« ■節子への挽歌5962:のどかで平和な上野公園 | トップページ | ■杉並の奇跡から静岡の奇跡へ »

妻への挽歌21」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌5962:のどかで平和な上野公園 | トップページ | ■杉並の奇跡から静岡の奇跡へ »