« ■湯島サロン「あはれなる民からの真の独立への道」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌6027:自分の正義をもっと大事にしないといけません »

2024/06/08

■節子への挽歌6023:3人の私がばらばらになっているようです

節子

今日は散々でした。
朝、畑に水をやりに行ったのですが、心配していた通り、畑に行ったら、開墾地を広げたくなりました。それでまた草を刈ったり、耕したり、昨日作っておいた新しい畝にモロヘイヤを蒔いていたりしたら、あっという間に1時間たってしまいました。
今日は昼食を約束していたことを思い出して、慌てて帰宅しようとしたら、疲れて身体が言うことをききません。
いささか作業にのめり込みすぎました。

何とか自宅に帰り、休みましたが、動く気にもならない。
約束の時間は刻々と迫ってくる。
あいにく、娘たちは不在なので車では送ってもらえない。
とそこに、ジュンが戻ってきました。
それで何とか駅まで送ってもらいましたが、電車に乗ってもどうも元気が回復しない。

そして、気がついたら、なぜか上野公園を歩いていたのです。
疲れていたのになぜかいつもの元気コースのルートで、上野駅で降りてしまったのです。
疲れていたのは身体だKではなく、頭も機能していなかったようです。

頑張って湯島のオフィスに着きましたが、すでに来客は3人とも着いていました。
初対面の人もいるのに待たせてしまったわけです。
でもまあ何とか無事湯島に着けて良かったです。

まあそこまではよかったのですが、その後がまた大変でした。
動大変だったか、ちょっと書くのを躊躇しますが、まあでも無事家にはたどり着けたのです。
今日こそ、頑張りすぎたことを反省しました。

身体の私と心の私と意識の私を、一致させなければいけません。
このままだと破綻しそうです。

|

« ■湯島サロン「あはれなる民からの真の独立への道」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌6027:自分の正義をもっと大事にしないといけません »

節子への挽歌22」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■湯島サロン「あはれなる民からの真の独立への道」のご案内 | トップページ | ■節子への挽歌6027:自分の正義をもっと大事にしないといけません »