« ■節子への挽歌6017:新潟の金田さんが90歳になったそうです | トップページ | ■節子への挽歌6020:近くの我孫子新田地区の開発が問題になりだしているようです »

2024/06/05

■湯島サロン「生きとし生けるものの生きる意味」のお誘い

最近は「思いつきサロン」が多いのですが、これもまた思いついてのサロンです。
ただ思いついたのはもう1か月ほど前です。

5月5日に、テレビ東京開局50周年記念ドラマの「生きとし生けるもの」を観ました。
涙が止まりませんでした。もちろん「いい涙」です。
NHKのドラマ「グレースの履歴」の時と同じく、心が浄化される涙でした。
見終わった後、これを観て話し合えるサロンをやりたいと思いつきました。

テーマは「生きる意味」。
安楽死など、「生と死」をめぐりサロンは何回か試みましたが、どうもうまくつづかない、というか、答えが見えてこない。でもこのドラマを見終わって、私は自分の生き方が見えてきた気がしました。確信したと言った方がいいかもしれませんが。
そして、生きることにあまり価値を感じていない人に、ぜひ見てもらって、話し合いたいと思ったのです。

すぐにも呼びかけたかったのですが、5月はサロンが多く、土日はすべて埋まっていました。平日開催も考えたのですが、日曜日しか参加できないような方にこそ参加してほしくて、あえて土日にこだわったので、こんなに遅い開催になってしまいました。
もしよかったら参加してください。

ドラマは90分ほどです。
そこで、3時間のサロンとし、前半みんなでドラマを観て、そして話し合う。
ただそれだけのサロンです。

「生きとし生けるもの」がどんなドラマかは、次のサイトなどで読んでください。
https://www.tv-tokyo.co.jp/ikitoshiikerumono/

途中からの参加はなしにしますので、参加者は必ず10分ほど前に会場に入ってください。できれば、お菓子は持参しないようにしてください。映画館でのポップコーンは煙草と同じくらい嫌いでした。

さてまたどんな展開になるのか。

〇日時:2024年6月29日(土曜日)午後1時~4時
〇場所:CWSコモンズ村湯島オフィス
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:テレビドラマ「生きとしけるもの」を観て「生きる意味」を話し合う
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

 

|

« ■節子への挽歌6017:新潟の金田さんが90歳になったそうです | トップページ | ■節子への挽歌6020:近くの我孫子新田地区の開発が問題になりだしているようです »

お誘い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌6017:新潟の金田さんが90歳になったそうです | トップページ | ■節子への挽歌6020:近くの我孫子新田地区の開発が問題になりだしているようです »