« ■節子への挽歌6041:皆さんに体調を心配される生き方 | トップページ | ■急性膵炎入院報告1:また急性膵炎で入院2024062■ »

2024/06/20

■節子への挽歌6042:今日は病院に行けるといいのですが

節子

今日こそすっきりと起きられると期待していましたが、まだ身体の具合はあまりよくない。困ったものです。今日は熱がなかったら病院に行こうと思います。いまのところは平熱です。

我孫子での新しい企画「あすあびサロン」の準備が全くできていません。参加もす込みもほとんどない。きちんと案内をしていかなければいけませんが、それができていない。
湯島のサロンも後2回ほどで、7月に入ってからのサロンの企画ができていない。
TO DOリストはどんどん長くなるばかりで減っていかない。

一番の懸念課題は畑です。
頑張って種まきを畑面積もだいぶ作ったのですが、さすがに畑に行けないので、このまま梅雨入りすれば、もう野草の世界です。
今年もここで挫折かもしれません。

そうならないように、昨日も夕方無理して畑に行きました、とても作業などできる状況ではない。
高々500メートルほどの道をふらふらと歩いていき、畑に上ろうとしたら(畑は道からかなり高いのです)、転んでしまった。それでさすがに無理だなと思い戻ってきましたが、それだけでも疲れ切った気がしました。

今朝はいつも通りに起きて、パソコンに向かいましたが、まだ身体を動かす気にならない。
これは歳のせいなのか、消化器系の問題なのか、放射線治療の影響なのか、酷暑のせいなのか。
いずれにしろ今日で終わらせないとさらに長引きそうです。

気持ちのいい朝なのですが。

|

« ■節子への挽歌6041:皆さんに体調を心配される生き方 | トップページ | ■急性膵炎入院報告1:また急性膵炎で入院2024062■ »

節子への挽歌22」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌6041:皆さんに体調を心配される生き方 | トップページ | ■急性膵炎入院報告1:また急性膵炎で入院2024062■ »