« ■節子への挽歌6044:入院2日目 | トップページ | ■第34回万葉集サロン「開かれる自己 言葉の主体を求めて」報告 »

2024/06/22

■節子への挽歌6045:朝の祈り

節子

病院3日目。
今回はただただ病床に寝ている毎日です。
ともかく何かをやろうという気が出てこないのです。

今日は雨も止んで、青空が見えます。そういえば、最近にも新聞にも全く触れていない。
世間の動きへの関心も、いまは頭の外になっているのに気がつきました。

前回は病室の人のことをいろいろと推察しましたが、今回はほとんどそれもしていない。
顔を合わせることがないのも一因ですが、関心があまり出てこない。

前回とは何かが違います。
もしかしたらこれは2年の違いかもしれない。
前回きちんと対処しなかったことの咎めかもしれません。
今回はしっかりと対処しようと思います。

青空が見えるので、今日は少し元気が出てくるでしょう。
医師の診察もあるでしょうから、状況が少しわかるかもしれません。
いい一日でありますように。

そういえば、朝の祈りを忘れていました。
今朝から、空に祈ろうと思います。
すべての人たちの平安を。できれば私の平安も。

|

« ■節子への挽歌6044:入院2日目 | トップページ | ■第34回万葉集サロン「開かれる自己 言葉の主体を求めて」報告 »

節子への挽歌22」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌6044:入院2日目 | トップページ | ■第34回万葉集サロン「開かれる自己 言葉の主体を求めて」報告 »