« ■節子への挽歌6038:養生宣言を書こうと思います | トップページ | ■第4回中国現代文学サロン「徐則臣『もし大雪で門が閉ざされていたら』」報告 »

2024/06/17

■養生宣言

もう聞き飽きたかと思いますが、昨日、完全ダウンしてしまいました。
この2日間、正直、湯島に行くのが辛くて、着いたとたんにいつもソファで寝ていましたが、なにしろ湯島は「来る者は拒まず」空間なので、一人でゆっくりできることはあまり期待できません。寝た途端に誰かがやってくる。

昨日も何とかサロンを終了したのですが、帰りの電車でまた胃痛に襲われました。
無事我孫子につけるか心配でしたが、何とか、到着。娘に駅まで迎えに来てもらい帰宅したのですが、そこですべての緊張が解けたのか、完全ダウン。お昼も食べていなかったので、野菜粥をつくってもらって食べたのがさらなる失策で、胃痛どころか消化器系が完全に停止したような感じで、もうじっとしていられない気分です。

娘は病院も薦めたのですが、こんなときにいったら、2年前と同じく、また「即入院」になりかねない。ともかく耐えることにしました。
でもこんなつらさが毎日つづいたら、生きる意欲も失うだろうなと痛感しました。

ロキソニンも飲んで、4時間ほど、苦悶していたら、ようやく症状は反転の兆しを見せました。それから1時間後に眠れたのです。時計を見たら2時半。連続で2時間以上寝たのは今年に入って初めてかもしれません。胃の痛みはかなり収まり、消化器系というか、私の身体が動き出しているのが実感できるようになっていました。いろんなところで身体が音を出しているのです。
それから寝たり起きたりで、6時半までベッドにいました。

胃の痛みはほぼ消えていますが、昨日の痛み体験の成果、身体全体がまだ痛い気がします。もちろん違和感は残っている。
でも思考力は出てきました。パソコンを開く気になった。
お腹もすいているような気もしますが、怖くて何も口にいれられない。

こんなことを繰り返していたら、本当に回復不能になりかねない。
甘く考えていました。
いろいろと気遣いいただいた人たちのアドバイスを、受け流していたことも反省です。
もう3年ほど、現世で活動することに決めたのですから、これからは自分の身体の養生を優先に生きようと思います。
これまでも不義理を重ねていますが、これまで以上に不義理をするかもしれませんが、お許しください。

さて今日はどうなりますか。
まったく困ったものです。

|

« ■節子への挽歌6038:養生宣言を書こうと思います | トップページ | ■第4回中国現代文学サロン「徐則臣『もし大雪で門が閉ざされていたら』」報告 »

無駄話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ■節子への挽歌6038:養生宣言を書こうと思います | トップページ | ■第4回中国現代文学サロン「徐則臣『もし大雪で門が閉ざされていたら』」報告 »