カテゴリー「社会時評」の記事

2021/03/31

■「贈与」と「交換」

自然界ではいろいろな変化があり、そのせいで、私たちの食生活の食材も大きく変わってきています。

子どもの頃の好物が今ではもう食べられなくなっているものも少なくありません。
地球温暖化などというと何やら大きすぎてよくわかりませんが、身近なところでもさまざまな変化が起きています。しかし、そうしたことはグローバル化した市場社会では、新たなビジネスの発生によって、むしろ利用され、問題が見えなくなっているような気がします。

「変化」は必ずビジネスチャンスにしていくのが、資本主義のあり方ですが、もしかしたらそれは問題を先延ばしにしているだけかもしれません。
経済や産業のパラダイムを変えなければいけないと私は思い、できるだけそういう意識で行動しています。

福岡に住んでいる友人が、毎年、わざわざ椎田の浜まで潮干狩りに出かけて行って、おいしいアサリを送ってきてくれます。
椎田のアサリは、大きくてともかくおいしくて、椎田のアサリを一度食べてしまうと他のアサリは食べたくなくなるほどです。
しかし、年々、アサリが見つけにくくなってきたということはお聞きしていましたが、今年はついに潮干狩り禁止になったそうです。

その代わりにと、今年は合馬の筍が送られてきました。
友人といっても、私より少し年上の方なのですが、「春の挨拶」をしないと落ち着かないというのです。本来は私の方こそ、挨拶すべき立場なのですが、なぜか長年、その方の方が挨拶してきてくれるのです。
それに対して「返礼」するような「失礼」なことは、私はしません。
お返しもしないのは失礼ではないかと思う人が多いでしょうが、お返しなどしたら、商品交換と同じくなってしまい、その方の「挨拶」の気持ちに応えられないような気がするのです。
もちろん受け取ったお知らせの電話はしますが、お返しはしないまま、こういう関係が長いことつづいています。

先日、湯島のサロンで、こういうことが少し話題になりました。
金銭取引と贈与とはどこが違うのか、という話題です。
贈与を意味する「ギフト」には贈り物ということ以外に「毒」という意味があります。

贈与を受けてしまうと意識的にも無意識的にも、「借り」の気分が生まれます。
なにかでお返ししたくなる。
それで贈収賄が成り立つわけです。
先日話題になった総務省官僚の会食事件は、どんな言い訳をしようが、政策決定に影響を与えていますし、菅首相も無関係ではありません。
贈与はそれほど大きな力を持っているのです。

贈与ほど恐ろしいものはないのですが、多くの現代人は贈与で自らの身を守ろうとしているようにさえ思います。
今回、筍を送ってくださった友人は、そういう気持ちが全くない方ですので、返礼など考えては失礼なのです。長年もらいっぱなしですが、そんなことは微塵も気にはされないでしょう。おかしなお返しをすれば、もしかしたら2度とアサリは届かなくなるし、私たちの関係も変わるかもしれません。

ところでなぜアサリが取れなくなってしまったのか。
これも実は「贈与」が関係しています。
自然の贈与に甘えすぎて、アサリをとりすぎてしまったのでしょう。
最近は養殖した貝をまくところもありますが、それでは単に浜辺を利用しているだけに過ぎません。
自然からの贈与に対する「お返し」を考えると、もしかしたらこれまでの贈与交換経済とは違った「贈与」概念がわかるかもしれません。

改めてまた最近、贈与について考えだしていますが、考えれば考えるほど、贈与は難しい。

ところで、合馬の筍というので、刺身で食べてみましたが、残念ながらちょっと時間がたっていたのでえぐみがあってだめでした。
それであく抜きをして今日は煮物にしてもらいます。

筍は私の好物なのですが、筍もまた食べられなくなるのでしょうか。
自然から贈与される食べ物が大好きな私としては、やはりもっと自然との付き合いを深めようと改めて思います。
それこそが一番の「お返し」ではないかと思うのです。
贈与のお返しではなく、一方的な贈与こそが大切なのではないかと思います。

そういえば、「挨拶」も、贈与ですね。

20210330_20210331102201

| | コメント (0)

2021/02/21

■我孫子で将門プロジェクトを立ち上げることにしました

平将門の居城が我孫子の湖北界隈にあったという意見をお持ちの人が我孫子にいます。
友人が、その「地域資源」を活かして、地域を元気にしたいと言い出しました。

私がその戸田さんと出会ったのは昨年ですが、お話をお聞きして、一考に値すると思いました。それで今ゆっくり動き出している我孫子・柏まちづくり編集会議の発表会で参加者に呼びかけてもらいました。
数名が関心を持って、まずはその「縁のある場所」を回ってみようということになりましたが、不測に事故があってちょっと延期になっていました。
仲間の一人が、将門につながるお菓子を創れないかと和菓子屋さんの福一さんに頼みました。いろいろと試行錯誤の結果、平将門の命日と言われる2月14日に手作り和菓子の「将門餅」が商品化され、福一さんで販売を開始しました。
将門絡みの商品としては、すでに我孫子の日秀将門神社監修の「将門麦酒」が商品化されています。

まだ将門の居城が我孫子にあったと言っても、あまり関心を持ってもらえませんが、その説を唱えだした戸田さんは、その根拠をいろいろと集めています。素直に聞くと説得力もあります。
そこで私もささやかに応援することにしました。
地域に話題は多いほどいいからです。

今日、この話にちょっとだけ関心を持ってくれた人も含めて数名に呼びかけて、気楽な話し合いと戸田さんの案内でいくつかのゆかりの場所を回ってきました。
集まった人数は5人と少なかったのですが、まあ急がずに、もう少し材料を集めて、春には我孫子将門ツアーを企画しようということになりました。
それに向けて、毎月1回程度の緩い集まりもやっていこうということになりました。
我孫子在住でなくても歓迎ですが、興味のある方は是非ご連絡ください。

  

できれば年内に、グループを立ち上げたいと思いますが、まだその準備会段階です。
適任者が現れるまでの準備会段階の事務局は、私が引き受けることになりました。
関心のある方は、ぜひご連絡ください。
次回は3月にまた緩い集まりをしたいと思っています。
Masakado2

今日も少し回ってきましたが、うっかりして写真をあまりとりませんでした。
福一さんの「将門餅」は購入してきました。心を込めて手作りされていておいしいです。
将門麦酒は話題が広がりだしていますが、将門餅はまだこれからです。
ぜひ応援してください。湖北の福一さんで毎日手作り販売されています。

Masakado6_20210221180201 Masakado4
Masakado9 Masakado8

 

| | コメント (0)

2021/02/11

■森さんはすごい人だからなかなか意見を言えない?

森発言に関して、調子に乗ってもう一つ。

「森さんはすごい人だからなかなか意見を言えない」という意見も少なくありません。
これもとても違和感があります。
こういう「すごい人」観は私の考えとは全く真反対です。

言いたいことも言わせない雰囲気を持っている人は、私には「ダメな人」です。
私にとってのすごい人は、思いを引き出してくれる人、むしろ持論に対する異論反論に積極的に関心を持つ人です。
周りの人が意見を言えない人は、リーダーやプロジェクト責任者としては全く不適切なのではないかとさえ思います。

これは文化の問題でしょうが。

| | コメント (0)

■「思っていても言ってはいけない」のでしょうか?

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長による女性蔑視発言は、ますます大きな話題になってきています。
それ自体に私は大きな違和感を持っています。
これはオリンピックを中止させたい人たちの陰謀だという説もあるようですが、前にも書いたように、何をいまさらというのが私の気持ちです。
森さんは日本初の「密室から生まれた首相」ですし、「オリンピックの精神」などもうとっくに失われていると思っているからです。

まあそれはそれとして、2つのことがますます気になってきています。
今日はまずひとつのことを書こうと思います。
昨夜も娘と話し合いましたが折り合いがつかなかったことです。

いろんな人がテレビで「思っていても言ってはいけない」というような発言をしています。これが私には非常に気になります。
素直な私は、その発言は「嘘を推奨する」発言に聞こえるのです。
従って、そう発言した人の発言には「思ってもいないことが含まれている」と思うので、そういう発言者は人として信頼できなくなってしまうのです。

「思っていても言ってはいけない」ということは「思っていても、それが問題になるような内容だったら言わずに隠せ」、つまり「本音は隠して嘘を言え」ということにつながっていく気がするのです。
娘に話したら、「思っていても言ってはいけない」ことはたくさんあるでしょう、そのどこが悪いのかと言われ、説得できず、そのあげくに、「だからお父さんはバカなんだよ」とまで言われました。

それこそ「思っていても言ってはいけない」ことではないかというのが社会の常識かもしれませんが、私の場合は、「思っていることは素直に言うのが誠実な生き方だ」と考えていますので、その言葉は素直に「誉め言葉」として受け止めました。
父親をバカだと言い切る娘は信頼できます。

みなさんはどう思われますか。
「思っていても言ってはいけない」のでしょうか。
そうではなくて、「言ってはいけないことは思ってもいけない」ですし、「思ったことはしっかりというべきだ」ではないでしょうか。

ところでもうひとつの気になることは、「女性だから・・・」という発言に対する否定的な意見です。そう言っている議員たちが昨日はみんな白い服で国会に出席していましたが、これこそ「女性だから・・・」という発言を支持しているように思います
言っていることとやっていることが違う。
これが現代の日本の「常識」なのでしょうか。
思っていることは「言葉」では隠せても行動には出るものなのです。

見え透いた嘘の蔓延する今の社会が、どうしても好きになれません。
私はこれからも「思っていることは素直に言う」生き方をしていきますが、自分が思っていることだけが正しいという思いは皆無ですので、その点は寛容に受け止めてもらえるとうれしいです。
でもまあ、時々、私の発言は友人を怒らせてしまっているようです。
困ったものですが。

| | コメント (0)

2021/02/05

■森さんの女性差別発言

森さんの女性差別発言が大きな話題になっています。
森さんの記者会見も見ましたが、笑い話にしか思えませんでした。
こんな話を話題にすること自体がばかげています、
理事会が解任すればいいだけの話です。
周りの人が辞任させればいいだけです。
そういうことさえできないことが問題なのです。

しかし娘からは、お父さんも同じようなものだと指摘されています。
自分の価値観が絶対だと思っていて、しかも上から目線だというのです。
表現力のなさというか、独りよがりなのも、森さんと同じだと手厳しい。
そんなことはないと自負しているのですが、連日言い合っていますが、いささか分が悪い。

まあ私もいささか反省しなければいけないと思うのですが、森さん発言に関しては世間の扱い方には違和感があります。
まず第1は「表現の問題」ではないと思います。日本では「謝罪会見」はいつも「表現謝罪会見」ですが、問題は表現などではないでしょう。いつもそう思います。
今回の表現に露呈されているような思考を持つ人物が、社会的に重要な役割を任されているということが問題ではないか。

そして第2にそういう状況を、これまで他の理事や関係者が黙認してきているということです。みんな森さんの生き方や考え方はわかっていたと思いますが、今までそれに任せていたのですから、私にはほかの理事もみんな森さんと同罪だと思います。にもかかわらずそういう人が今となって森さん批判をしている。しかも辞任を迫るのではなく表現を批判している。まったく腹立たしい。森さんの考えは、あなたたちが育ててきているのではないのかと言いたいです。これもよく見る風景ですが。

第3は、女性とか男性を主語にしてはいけないということが言われていますが、そうならば女性議員を増やそうなどという発想も捨てなければいけません。
私には森発言を批判している人たちもまた森さんと同じ世界の人だと思えてなりません。

まあこういうと娘から、お父さんも同じ昭和の世界の人だと言われるのです。

 

娘は、みんなおかしいと思っていても森さんにはだれも反対できないのだといいます。
つまり森さんは「裸の王様」になっている。
だとしたら森さんに同情します。

きっと森さんはみんなから利用されているのでしょう。
誰がいったい森さんを利用しているのでしょうか。

 

| | コメント (0)

2021/02/04

■コロナ一色の社会に厭世観が強まっていますが

新聞もテレビも、コロナ報道やコロナ関連記事で覆われていて、社会がすっかり見えなくなってきました。
昨日、久しぶりに湯島から上野まで歩いてみました。
先日のサロンで上野でもホームレスの人も増えていると言われたので、不忍池周辺や上野公園も歩いてみました。

私は自分で実際に確かめないと気がすまないタイプなのです。
何しろ今の社会は、小泉政権嘘を推奨して以来、嘘があふれかえっていますから。
マスコミ情報は、ほとんど信頼できませんし、多くの人の話はその信じられないマスコミ情報の受け売りのことが多いからです。
そして多くの人は、嘘であればあるほど、信じやすいことも体験的に感じています。

一時よりも人は増えていましたが、コロナを感じさせるものはあまりありませんでした。
なぜか公園に行く途中に、「客引き防止」のチラシを持った警察官が立っていたのが、以前と違うと言えば違いましたが。
もちろんマスク姿の人ばかりで、それだけで私は滅入ってしまいました。
私もマスクをしていましたが、マスクをして人の多いところを歩くのはやはり私の趣味ではありません。最近は歩きたくなる場所がほとんどなくなってきました。

帰りの電車内でマスクをせずに飲み物を飲んでいる人がいました。
マスクをかけたままですが、携帯電話をしている人もいました。
今朝のテレビで、マスクをしないで電話している人が乗客とトラブルを起こし、警察に補導されたという映像が流されていました。
娘はマスクなしで電話しているほうが悪いと言いますが、私はそんなことで警察を呼ぶほうが悪いと思います。
娘とさえ意見が合わない。困ったものです。

今日はとてもいい天気です。
早起きしたので、朝焼けから日の出まで、見るでもなく見ていましたが、今朝の太陽の光はとても力強かった。
空気がきれいになってきているのです。
経済活動縮小のおかげかと思っていましたが、みんながマスクをしだして、汚れた心の排気をしなくなったからかもしれないと思い出しました。
地球を汚染しているのは、人間なのでしょう。

他の生物の排気は、自然を美しくしているはずですが、どこかで人間は生き方を間違ってしまった。生き方は「排気」に現れます。
森本哲郎さんのモヘンジョダロから人間がいなくなった話を思い出しました。
人間がいなくなったら、この世界はきっと美しくなるでしょう。
そういう時代が近づいているのかもしれません。

今朝の太陽は本当にきれいでした。
数日前の満月よりも。

| | コメント (0)

2021/01/19

■「生きている人間」の時代は終わったのでしょうか

最近はあまり評判がいいとは言えないイタリアの政治哲学者ジョルジェ・アガンベンはCOVID-19パンデミックが世界中に広がった背景に関して、最近の2つの「傾向」を指摘しています。

2つの傾向とは、「例外状態を通常の統治パラダイムとして用いるという傾向」と「人々の意識のなかに恐怖状態が拡散されている傾向」です。
そしてこう書いています。

「諸政府によって課される自由の制限はセキュリティへの欲望の名において受け容れられるが、当の諸政府こそがセキュリティへの欲望を駆り立て、その欲望を充たすべくいまや介入をおこなう」。

緊急事態宣言に関して、多くの人がもっと早く出すべきだったというようになり、野党さえもがそういう主張をするのを見ていると、アガンベンの指摘にうなづかざるを得ません。

日本には野党というような存在はほとんどありませんが(二大政党制度とは野党を追い出す仕組みですから)、それでもまさか政府に緊急事態宣言をせかせるとは思ってもいませんでした。しかし、それ以上の驚きは、国民の多くがこんなに簡単に自らの人生を政府に預けてしまったことです。
日本はまさに家畜国家になってしまったとしか思えません。
何のための人生か。さびしい限りです。

そんなわけで、最近はいろんな人に八つ当たりしています。まるで「あおり運転」しているようだと気づいて反省しています。迷惑を受けた人には謝ります。

ところで、アガンベンはこうも書いています。

「最近の措置は事実上、それぞれの個人を潜在的なペスト塗りへと変容させている。これはちょうど、テロに対する措置が、事実上も権利上も全市民を潜在的なテロリストと見なしていたのと同じである」。

そしてこうも言っています。

「この措置のうちに暗に含まれている自由の制限よりも悲しいのは、この措置によって人間関係の零落が生み出されうるということである。それが誰であろうと、大切な人であろうとも、その人には近づいても触ってもならず、その人と私たちのあいだには距離を置かなければならない」。

 

もう「生きている人間」の時代は終わったのでしょうか。
生きていれば、病気にもかかり、事故にも合う。
昨年話題になったアレッサンドロ・マンゾーニの「いいなずけ」を1年遅れで読んでみようと思います。

 

| | コメント (0)

2021/01/18

■疫病とも共生しようという文化

With コロナ」といった言い方もありますが、COVID-19との付き合い方はますます「戦闘」的になっているような気がします。それはとりもなおさず、社会に不安や怒りを広げ、「戦争」気分を高めることにつながっているような気がします。
いまや「ヘイト」の刃は、自らにまで向けられ始めているようにも思います。

昨年夏に出版された岩波新書の「コロナ後の世界を生きる」を最近になって読みました。
この時代を生きるたくさんの示唆が込められていて、たくさんのことに気づかせてもらいましたが、これまでの私の生き方を改めて肯定してもらったような気がして、少し疎外感が消えました。

そのなかで、ヤマザキマリさんが疫病に対する日本と西欧との違いを書いています。
ヤマザキさんによれば、「パンデミックを巨大な鎌を振り上げる恐ろしい骸骨の姿に置換えて気構える」キリスト教世界のヨーロッパと違って、日本には疫病とも共生しようという文化があったというようなことを書いています。

その例として、平安時代後期に描かれた融通念仏縁起を紹介しています。
ヤマザキさんは、「妖怪のような姿で描かれた疫病が念仏を唱える寺院の門に押し掛けているという情景が描かれている。彼らは門番から念仏を唱えている人の名簿を渡され、そこに名前が記されている人には悪さはしないとサインをして立ち去っていくのであると説明しています。
そして、「ウイルスとのなるようにしかならない共生という考えが、もしもこうした非常時の対策を考案する人々の意識下にあるのだとわかれば、国民も不安感や不平不満をため込むかわりに、自分で自分の命を守る判断力を強く持つことができるようになるのではないか」と書いています。

融通念仏縁起の絵は紹介されていなかったので、もしかしたらと思い、リフォームで倉庫状況にある書庫から「妖怪草子」を探し出しました。
そこに、たぶんヤマザキさんが紹介している絵が出てきました。
それにしても、疫病は多彩な姿をしています。
いま毎日のようにテレビで見せつけられているCOVID-19の姿とは大違いです。
話しかけたくなる表情の疫病もいます。
こうしたウイルスを見る能力も、現代の私たちは失ってしまったのかもしれません。

ヤマザキさんはこう書いています。

「融通念仏絵巻の門番に説得され、納得して退散していく物分かりの良い疫病は、自然現象との共生を諭す日本的な表現だと言えるかもしれない」。

とても共感できるのですが、残念ながら今の日本の、少なくとも都会には、こうした文化は消えてしまったようです。
私は、念仏は唱えていませんが、初詣にも行きましたし、COVID-19とも仲良くしたいといつも表明していますので、COVID-19も「悪さをしない名簿」に名前が書かれていると思います。

もしそれでも「呼ばれたら」行かないわけにはいかないでしょう。そういう人生を送りたいと思っているので、自分だけ逃げきろうなどとは一切思ってはいません。

ヤマザキさんは、この絵を見ていたら、「国民も不安感や不平不満をため込むかわりに、自分で自分の命を守る判断力を強く持つことができるようになるのではないか」と書いていますが、そうあってほしいものです。

Photo_20210118093101

 

| | コメント (0)

2021/01/14

■疑いのまなざし

COVID-19感染症に関して、私が一番気になるのは、「疑いのまなざし」を広げていることです。

私はマスクをすることに抵抗があるのですが、それは自分も感染しているということも含めて、「他者は感染しているのではないか」という疑いを前提にしているからです。
感染を拡大させないために、常に感染の可能性を踏まえて行動するのがいいとは思う一方、そういう生活を続けていると、他者を疑うことが基本的な他者を見るまなざしになってしまうのではないかという不安があるのです。

私は、基本的に「他者を信頼する」という生き方をずっと続けています。
そういう生き方をしてきた者にとっては、これは生理的に耐え難いことなのです。
しかし昨今の状況では、マスクをしないで電車に乗ったりお店に行ったりするわけにはいきません。いまやそれが社会のルールになってきていますし、なによりもそれがおかしいわけではないからです。

しかし、やはりマスクをすることにはストレスを感じます。
周りへの、あるいは自分への「不信」を表明しているような気がしてしまうからです。
加えて、マスクをすることで、何やら「安心」してしまうことにも違和感があります。

私は自宅や湯島の私のオフィスではマスクはしません。
まったく知らない人と会うことはほとんどありませんので、会うのはほとんどが友人や知人です。友人や知人に「疑いのまなざし」を持つことは、私にはできません。
それに感染させる可能性を持っている人は、会いには来ないと信じています。
私もそういうときは外出はしません。それは今に始まったことではありません。
しかし、相手はどう思っているでしょうか。マスクをしないことは昨今にあっては相手に失礼なのかもしれません。実に悩ましいのです。

そんなわけで、最近は次第にマスクをすることが増えてきました。
それはとりもなおさず、あなたや自分を信頼していませんというメッセージなのだと思うと、やはり気が重い。

ソーシャル・ディスタンスにも居心地の悪さを感じます。
私は感染したくないので、あなたとは近づきたくないというメッセージですから。
もちろんあなたに感染させたくないからという意味合いもありますが、もし相手に感染させる恐れがあるのなら、そもそも会わなければいい。
自分では気づいていなくても、その可能性はあるのだからと説明されても、すっきりしません。
ソーシャル・ディスタンスのマナーも、知らず知らずに、人の心に「疑いのまなざし」を植え付けていくのではないか。

しかし、ソーシャル・ディスタンスに関して、逆の受け止めをする人もいます。
たとえば、ロバート・キャンベルさんは、「ソーシャル・ディスタンスは、社会の中の自分自身の位置づけを知る、自分の居場所から他者との関係を見つめ直すことだとも捉えたい」と言います。そして、「それぞれが、その人に合った適切なソーシャル・ディスタンスを保持しつつ、他者の喜びや痛みをフェイクではなく確かな事実として理解するような連帯感に溢れた社会、そういう未来を是非迎えたい」と言うのです。

人の考えや感じ方はさまざまです。
ですから、マスクやソーシャル・ディスタンスが一概に「疑いのまなざし」を生み出していくと考える必要はないかもしれません。

しかし、私にはどうしても、マスクとソーシャル・ディスタンスには居心地の悪さが残ります。
それがどんな社会を育てていくのか。
気になって仕方がありません。
疑いのまなざしが、世界を覆い尽さねばいいのですが。

| | コメント (0)

2021/01/13

■COVID-19ウイルスとの付き合い方をまったく間違えているのではないか

日本医師会の中川会長の記者会見をテレビで観ていたら、途中にニュース速報で東京都の感染者数が発表されました。1433人でした。3日前の検査日数は2684人と非常に少なかったので、推定陽性率は50%を超えていそうです。ちょっと驚く数字です。
その受け止め方はいろいろとあるでしょうが、コロナ不安で世の中はいささか異様です。

そんな中で、こんなことを言うと不謹慎ですが、今日の陽射しは輝くほどのまぶしさと気持ちよさと輝きです。温度は低いのですが、あまりに気持ちのいい陽射しなので、ついついそこに浸ってしまっていました。
空の青さもとてもきれいで、久しぶりに吸い込まれそうな透明な青さです。

202101131 20210132 新型コロナ感染防止の呼びかけに応じての、人間の行動、とりわけ経済活動が縮小しているおかげだろうと思いますが、この青空と陽光の輝きを見ると、不謹慎ですが、とても幸せな気持ちになります。
コロナ騒ぎにおびえている世間とどうもつながりません。

今日また7府県の緊急事態宣言が出ましたし、日本医師会の中川会長の呼びかけも、緊迫感のあるものでした。
私自身は別の意味で、強い危機感を持っています。
私からすれば、世の中の多くの人は新型コロナしか恐れていないようで、いかにも能天気に思えてなりませんが、もっと大きな深い危機が迫っているような気もします。

4時を過ぎたら、陽射しが一挙に弱まりました。
自然のすごさを思い知らされます。

こうして自然を感じていると、私たちは、COVID-19ウイルスに対して、捉え方をまったく間違えているのではないかという気がしてなりません。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧