カテゴリー「政治時評」の記事

2021/09/06

■第1回リンカーンクラブ研究会報告

リンカーンクラブ代表の武田文彦さんからの呼びかけの第1回リンカーンクラブ研究会は9人の参加者があり、予定時間を大幅に超える熱い思いがぶつかり合う会になりました。
ちょっとみんな熱くなりすぎて、危うく壊れそうになるほどでしたが、かなりみんな真意も吐き出したので、何とかおさまり、逆にこれからの展開も見えてきました。

ご案内の通り、参加申し込みいただいた方にはあらかじめ膨大な原稿が送られてきました。それに一応目を通したうえで、皆さん参加されましたが、最初に武田さんからは、こう問いかけられました。

考えていただきたいことがあります。

他人やほかの本からではなく、現代の日本という国家についてのみなさんの国家観についてです。
さらに、歴史観です。今の時代は日本にとってどういう時代なのかということです。
もう一つは、経済観です。経済というものをどう考えるかです。

この、国家観、歴史観、経済観、それぞれ考えていただいたうえで、この3つの要素の連関性についてお考えいただきたいのです。
それぞれの考えに論理的に大きな矛盾が生じないようにしていただくという作業になります。バラバラではあまり意味はありません。

国家観、歴史観、経済観は単独では成立しません。
それは人体の各臓器とその作用のような物だと考えています。国家という生体が生きていくうえでの基本的な機構かもしれません。
こうすることで構想というものが生まれてくるような気がします。
こうして、初めて、日本の現代と未来の問題が見えてくると思います。
そして、現代の個人と国家の関係のあり方もまた見えてくるような気がします。

これが長年の武田さんの取り組み姿勢ですが、こう正面から問われると、いささかたじろいでしまいます。それに突然言われても、そう簡単にな話せない。

しかしめげずにみなさんそれに応じて、自論を話すことから研究会は始まりました。
参加者全員が話し終わった時はすでに予定の時間が終わるころでしたが、それから話し合いがはじまりました。

と書くといかにも整然と会が進んだように感じるかもしれませんが、原稿に対する批判や実際の運動につながっていないという厳しい批判もあり、さらに終盤になって個別的な政策課題に話題が行ってしまったために、話し合いは混迷し、あわや空中分解になりそうでした。
しかし、武田さんが呼び掛けたように「他人やほかの本から」の知識的な情報のやりとりではなく、それぞれの本音の話し合いだったので、各人の思いも見えてきて、逆にこれからの展開の手応えがあったような気もします。
本音の思いは、そう簡単には伝わり合えません。それがわかっただけでもよかった気がします。

いずれにしろ今回の話し合いを踏まえて、10月に第2回目の研究会を開催するとともに、並行して、リンカーンクラブ構想の話やその理念でもある究極的民主主義の紹介などのサロンも行うことを考えていこうということになりました。

研究会は基本的にはメンバー制で開催していきますが、関心のある方には公開していくスタイルをとる予定です。
関心のある方はご連絡いただければ、次回の案内などさせていただきます。

20210905

| | コメント (0)

2021/08/29

■菅首相に見えている「明かり」

現在進められている政府(行政)のコロナ対策は、むしろコロナ感染を拡大するために役立っているのではないかと思えてなりません。

 たとえば身近な事例ですが、私は週に1回ほど近くの図書館に行きますが、入り口で利用者把握のために用紙に記入し箱に投函して入館するようになっています。ルール違反ですが、私は最初からそれを無視していますが、そこで記入して投函するような余分な作業をすることこそが感染機会を増やすことだと思っているからです。
ちなみに、図書館では実際の書架にはほとんど行かずに、ネットで予約し、窓口で借りてくるだけです。入り口で記入などしなければ、図書館にいる時間は1分前後です。

昨日報道されていたワクチン接種のために朝から行列をつくらせ、その結果、ワクチン不足で多くの人を断っていましたが、これもまさに感染拡大に役立ったでしょう。
熱中症などのほうが心配ですし、断られた人は明日もまた来ると言っていましたが、要は外出を促進していることになります。

こういう動きは、ちょっと注意してみるとたくさんあります。
一件、感染予防のように見えて、実際には感染拡大につながりかねないことも少なくない。
私には、政府はコロナを拡大させようと思っているとしか考えられません。
だから菅首相は「明かりが見えてきた」と発言したのでしょう。
もう十分にコロナは感染拡大してきましたから。

こういう思いは、昨年の4月から続いています。
だからこそ、自分としてしっかりした感染対策をとらねばいけないと思って、実践しています。

マスクのあまりの広がりも、私は疑問視しています。
熱中症や体力低下で、免疫力を弱めた人たちがコロナに感染しやすくなるような状況をつくっていくとしか思えません。

私は、コロナであろうとなんであろうと、身心の対応力が大きく影響していると思っていますので、身心をできるだけいい状況に置いておくことこそがコロナ対策だと考えています。同時に、コロナだけしか見なくなる「視野狭窄」化には気を付けています。
身心を病むのは、コロナだけではありません。

菅首相が見ている「明かり」が何であるのか、みんな気付いてほしいと思います。

| | コメント (0)

2021/08/27

■政治の蘇生への期待

ようやく日本(の政治)が変わりそうで、ちょっと希望を感じています。
間もなく政権交代が実現すると思えるようになったのです。

死者たちがようやく動き出した、という感じです。うまくいけば、政治を止めていた死者たちは追い出されていくかもしれない、という期待さえ持ってしまう。
私にとっては、死んでいた政治がようやくまた生き返りそうだと思えます。

少なくとも菅政権は終了し、首相は変わるでしょう。
だれが首相になっても自民党政権では何も変わらないという人もいますが、リーダーが変われば組織は必ず変化します。しかもこういう時期であればこそ、リーダーがだれかは大切です。一日も早く変えないと危機はますます深刻化するでしょう。
非常事態宣言下ではリーダーは変えるべきではないというのは、まったく反対で、非常事態に対する一番の対策はリーダーを変えることだと私は思います。
実際に各地のコロナ対策に関して、私たちはそういう事例はたくさん見てきたはずです。
首相を変えたら、日本のコロナ感染対策は一変新状況も一変するでしょう。

自民党総裁が岸田さんに代わっても、政権交代は起こるでしょう。
私としては、山本太郎さんか、共産党の誰かが首相になれば、日本は生き返っていくと思いますが、そこまでは期待できない。
現在の「野党連合政権」ができても、事態はそう変わらないでしょう。いまの「野党」は自民党の寄生的な存在でしかないからです。

でも少なくとも私たち生活者の声がもう少し伝わる政権が生まれるでしょう。
私が考える「政権交代」とは、そういう意味です。
ちなみに私は、別に岸田さんの「ノート」に期待しているわけではありません。
しかし、岸田さんが呼び掛けた姿勢は、いまの自民党の政治家も感じているはずです。

死んでいた政治がようやく動き出そうとしている。
そういう思いが持てるようになった。
自らの国の首相を信頼できないということの不幸以上の不幸はありません。
政策の違いなどは許容できますが、信頼できない人の顔を毎日テレビで見せられるのは実に辛いのです。
その状況から、ようやく抜け出せそうです。

もっとも、この希望は私の勘違いかもしれません。
これまで政治に期待しての私の予想はほとんど当たっていませんから。
でも、いまよりひどくなることはないでしょう。
そう思わないと、私自身も死んでしまいそうですから、そう思うしかないのです。

| | コメント (0)

2021/08/11

■『虚構の「核のごみ」最終処分』

先日、ご紹介した、本間照光さんのエコノミスト Onlineでの4回連載の『虚構の「核のごみ」最終処分』が終了しました。
各界のタイトルは次の通りです。

第1回:名ばかりの「対話の場」 合意無視で最終処分場が決まる「原発の穴」
第2回:“加害者”を守ってきた「原子力損害賠償制度」こそ“虚構”の大もと
第3回:「核のごみ」投棄で、最終的に電力会社の責任が消えてなくなる無法
第4回:汚染水、廃炉、核のごみに見た「無責任・非科学・秘密主義」

この連載は、公開されていますので、どなたでも自由に閲覧できます。
本間さんの思いがこもった記事ですので、ぜひお読みください。
虚構の「核のごみ」最終処分 | 週刊エコノミスト Online (mainichi.jp)

連載の最後に、本間さんはこう書いています。

核のごみ箱は、開けてはならないという意味で、ギリシャ神話にある「パンドラの箱」にも似ている。だが、パンドラの箱が災いをまき散らした後に「希望」だけは残ったのに対して、核のごみ箱には希望すら残されていない。筆者に言わせれば、まさに「死の箱」である。
ただ、今ならまだ、わずかに望みがある。それは、汚染水や核のごみを捨てるのではなく、「核(核兵器、原発)を捨てる」という道を選ぶことだ。そこに、破局を回避できる可能性がある。そうすれば、私たちは、次世代に「未来」を残すことができる。そのためにも、この連載で見てきた「虚構」に惑わされず、「真実」に向き合った冷静な判断が不可欠なのである。

次世代に「未来」を残せるかどうか。
「核(核兵器、原発)を捨てる」という道こそが、それを決めると私も思っています。

現在の日本政府にその気がないのが、実に哀しく怒りの持って行き場がありません。
新型コロナ問題よりも、ずっと大きな問題だと思うのですが。

 

| | コメント (0)

2021/07/26

■『虚構の「核のごみ」最終処分』

湯島サロンの仲間の本間照光さんが、週刊エコノミスト Onlineで今日から『虚構の「核のごみ」最終処分』と題した連載を始めました。
今日から4回連載で、第1回目は『名ばかりの「対話の場」 合意“無視”で最終処分場が決まる「原発の穴」』。

この連載は、公開されていますので、どなたでも自由に閲覧できます。
https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20210726/se1/00m/020/005000d

本間さんからぜひ多くのみなさんに読んでいただきたいということで、ご案内させてもらいます。
感想などあれば、本間さんにメールしていただけるとうれしいです。
私にいただいたら、私から本間さんにお届けします。

今日は広島の「黒い雨裁判」の上告が断念されましたが、原爆や原発に関しては、まだまだ不条理なことがいろいろと続いています。
ぜひ私も関心を持ち続けていきたいと思っています。

 

| | コメント (0)

2021/07/12

■関係者だけのイベントとそれを喜ぶ人たち

オリンピックの聖火リレーイベントが、関係者だけで行われている報道を見るにつけ、いったい何のためのイベントなのかと不思議に思います。
オリンピックそのものも関係者のためのオリンピックになっているのでしょう。
どうもわけのわからない時代になってしまったものです。

しかもそういうイベントにまだ大喜びする「関係者ではない人」も多い。
テレビでこれほど聖火リレーイベントが報道されるのも気持ちが悪い。
最近、私はかなり「偏屈」になってきているようですが、聖火イベントに登場してはしゃいでいる人を見ると蹴とばしたくなります。
タレントにしろアスリートにしろ、いや一般の人であれ、同情よりも軽蔑したくなります。障碍者も例外ではありません。障碍者を応援する気持ちも最近は萎えてしまいそうです。

こういう人たちが社会を壊していくように思います。
私には到底許せない人たちです。
かなり「偏屈老人」になってしまったものです。
コロナの恩恵も受けずに、長生きしすぎたようです。

それにしてもどうしてみんな権力者や富裕者に迎合するのでしょうか。
自分ができないことを彼らにやってもらって満足するのでしょうか。
テレビで高価な料理を食べ歩く芸能人たちの番組が増えています。
視聴率が高いので増えているのでしょう。
しかし時々見てしまうそういう番組の料理は、私の食生活とは全く異次元です。
時には私の1か月の食費を1回の食事で消化してしまうほどです。

高級料理を出しているお店も私には違和感があります。
せっかく食の技があるのなら、もっとやることがあるだろう。
皇帝の雇われ調理人のような「高級シェフ」には、私は敬意を払う気など毛頭ありません。
この世の中には、今日の食事さえ満足にできない人もいることを知らないのかと思いたくなる。
偏屈ではなく「ひがみ」も入っているのかもしれません。困ったものです。

一方でお金を湯水のごとく使う人がいれば、一方にはまともな活動もできないほどお金に困っている人もいる。
経済とは、あるいは政治とは、そういう状況を生み出すためのものなのか、あるいはそういう状況をなくしていくためのものなのか。

オリンピック騒動で、少しはそういうことを考える人が増えることを祈っています。
政治も経済も、この数十年で全く変質してしまったとしか思えません。

まるで古代アテネのようなひどい社会になってしまいました。
まあそれを理想としてきたのだから、仕方がありませんが。

 

| | コメント (0)

2021/07/08

■緊急事態宣言下でのオリンピック強行という不思議な政府

緊急事態宣言下でのオリンピック強行という不思議な政府には驚きます。
非統治者の私としてはどちらを優先すべきか。
残念ですが、オリンピック中止に関しては私には成す術はなく、昨日書いたような「たった一人のオリンピックボイコット運動」しかできません。
せめて一部のスポーツ選手がボイコットしてくれることを期待していますが、その気配はありません。
となるとできるのは緊急事態宣言無視です。国が守ってくれないのであれば、まさに「自助」しかありません。これは菅さんの方針には合うでしょうし。
こういう人は少なくないでしょう。

政府批判はあまりしたくはないのですが、あまりに醜い。
私欲のための政府に完全に成り下がっているように思えてなりません。
なぜ知性ある政治家が行動を起こさないのでしょうか。

それに、緊急事態宣言下の日本にまともなスポーツ選手はやってくるのでしょうか。
そもそも冷静に考えれば、まともな競技などできるはずもありません。
そこで優勝して何の意味があるのか、と私は思います。
でもまあビジネスとしては成り立つのでしょう。
知性あるスポーツ選手もいるかなと思っていましたが、どうも期待外れです。

オリンピックは無視していたのですが、あまりのおかしさに怒りがこみあげてきてしまいました。
まだまだ人間ができていません。困ったものです。

 

| | コメント (0)

2021/06/25

■オリンピックは政治問題?

天皇陛下がオリンピック開催でコロナ感染拡大を懸念していると拝察しているという宮内庁西村長官の発言が問題になっています。
なかには、天皇による政治問題への言及は国民主権を侵害するとまで発言している人もいます。たとえば、今朝の朝日新聞に政治学を専門にする一橋大学の渡辺名誉教授は明確にそう述べています。

しかし、問題はそこにではなく、「オリンピックが政治問題になってしまっていること」ではないかと私には思えます。
国民への感染拡大の懸念も政治問題?
私には理解できません。
政治って何なのでしょうか。

スポーツも何なのか、私にはよくわからなくなってしまっていますが。

 

| | コメント (0)

■半藤一利さんの最後の著書「戦争というもの」

テレビで半藤一利さんの最後の著書「戦争というもの」を知りました。
半藤さんが孫の北村淳子さんに編集を託した本だと聞きました。
半藤さんが何を次世代に残そうとしたのかに興味があって、早速に読んでみました。

太平洋戦争中の語られた言葉のなかから、孫にも知ってほしいと思ったものを半藤さんが選んで、その背景などを紹介しています。
それを読んでいくと、戦争のむなしさやおぞましさが自然と伝わってくる本です。
半藤さんの人柄も。
半藤さんならではの本のような気がします。

当初、半藤さんは37の言葉を考えていたそうですが、それも手書きのメモで本書に掲載されています。

本書の最初と最後に、半藤さんの手書きの言葉が書かれています。
冒頭の言葉は、「人間の眼は、歴史を学ぶことではじめて開くものである」。
巻末の言葉は、「戦争は、国家を豹変させる、歴史を学ぶ意味はそこにある」。

歴史をきちんと学べる国になってほしいと最近つくづく思います。
いまの学校教育にはあまり期待できませんが、そもそも歴史は、教えらえるものではなく学ぶものだと思います。
気楽に読める本なので、ぜひ若い世代の人に広がるといいなと思います。
できれば若い世代で読みあってほしいものです。

 

 

| | コメント (0)

2021/06/24

■司法はなぜ政治に従属してしまったのか

夫婦同姓を定めた民法の規定は憲法24条の「婚姻の自由」に違反しているという訴えの裁判は、今回もまた最高裁によって「合憲」とされました。

日本の裁判は、この種の問題には「権力への忖度体質」が強いので、予想はしていましたが、『夫婦の姓についてどのような制度をとるべきかという立法政策と現行法が憲法に適合するかという問題は「次元を異にする」としたうえで、「この種の制度の在り方は国会で論ぜられ、判断されるべき事柄」と結論づけた』という朝日新聞の記事を読んで、改めて日本の司法は政治の道具でしかないのだなと思いました。

日本は本当に「法治国家」と言えるのか。
最近の日本の政権は、法は自分たちのものと思っているようにさえ思いますが、司法もまたそれに従属しているような気さえしてきます。

学校では「三権分立」を学びましたが、日本国憲法をよく読むと、日本は三権分立体制なのか疑問が生まれます。
大学時代に、砂川裁判の「統治行為」判決は学んでいましたが、それはとても特殊な状況の中で起こったのだろうと考えていました。しかし、その後も事態は全く変わらず、日本の憲法は、その時々の政権にいいように解釈され利用され、司法もまたそれに迎合しているように思えてなりません。
今回もまた、その繰り返しのように思います。
朝日新聞に、早稲田大学の棚村教授が「人権を守る最後の砦としての司法の役割を放棄したに等しい」とコメントを寄せていますが、同感です。

ただ、夫婦別姓に関しては、私は独自の考えを持っています。
もちろん別姓を認めるべきだと思いますが、しかしむしろそろそろ「姓」から解放されてもいいのではないかと思っています。
「家族」の捉え方も、血縁や結婚にこだわる必要もない。
そう考えていますので、問題はむしろ「血縁家族」を核とした統治の発想を見直すべきだろうと思います。

誤解のないように言えば、「家族の大切さ」は人並み以上に持っているつもりです。
なにしろ私がいまあるのは、妻や娘たちのおかげですから。

今度の日曜日に湯島で、「司法と行政は誰の味方か」をテーマにしたサロンをやります。
話題は夫婦別姓ではなく、全く別の事件ですが、司法の在り方はテーマになると思います。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧