カテゴリー「お誘い」の記事

2020/03/30

■湯島サロン「引揚げ3世という視点、あるいは歴史認識」のご案内

湯島のサロンに参加される方から、面白い人がいるので是非サロンで話をしてもらいたいという連絡がありました。
湯島のサロンは参加している人のおかげで、広がったり深まったりしているので、こういう申し出にはできるだけ対応させてもらっています。
というわけで、今回は私もまだお会いしたことのない方にサロンをお願いすることにしました。

長年、中国「旧満洲」に関わっている中村さんという方です。
私からは解題できませんので、中村さんからのメッセージを紹介します。

私は学生時代から中国旧満洲に何度も足を運び、いまは「地球の歩き方」の制作をしています。この30数年で中国は大きく変わりましたが、その変化の過程をつぶさに見てきました。
そういう次第になったのも、祖父母が満洲に渡り、母が生まれていたからですが、とりわけ祖母から当時の話をよく聞いたので、子供の頃からこの土地に対する身近な感覚が育まれていたように思います。

その後、多くの中国の人たちや満洲と縁のある方々との出会いを通して、自分の中に「引揚げ3世という視点、あるいは歴史認識」を引き継ぐ役割があるという自覚が生まれてきました。それはどういうことなのか。お話できたらと思います。

以上が中村さんからのメッセージです。
中村さんが自らの生活の中で積み重ねてきた体験を踏まえての「引揚げ3世という視点」そして「歴史認識」。
まさに湯島のサロンにふさわしいお話です。

中村さんが旧満洲と関わってきた30数年の体験話や知見をお聞きしながら、普段はほとんど考えることのないような世界に思いをめぐらせたいと思います。
きっと現在の私たちの生き方にもたくさんの刺激と示唆をいただけると思います。

お時間が許せば、ぜひご参加ください。

〇日時:2020年4月4日(土曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「引揚げ3世という視点、あるいは歴史認識-満洲と縁のある方々との出会いの中で考えたこと」
〇話題提供者:中村正人さん(旅行ジャーナリスト)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

| | コメント (0)

2020/03/28

■第1回病原体サロン「病原体から考える生物と環境の関係」のご案内

細菌学者の益田昭吾さんには、時々、湯島のサロンでお話をしてもらっていますが、最近の新型ウイルス騒ぎで、私たちはあまりに病原体について知らないのではないかということに改めて気づきました。そこで、益田さんと相談して、「病原体」をテーマにした連続ゼミ型サロンを企画しました。
基本的には継続参加スタイルにしたいですが、単発の参加も可能です。

益田さんのサロンに参加されたことのある人はご存知でしょうが、益田さんは「病原体も我々と同じ生物である」という姿勢で、長年、病原体の研究に取り組まれています。
病原体のことを知ることで、私たちの生き方や社会のあり方に関する大きなヒントが得られるというのが益田さんのお考えです。
ですから、単に「病原体に関する知識」を得るだけではなく、そこから私たちの生活を問い直すようなサロンにできればと思っています。

第1回は、「生物と環境」というテーマで、いわば病原体という生物に関する全体像を話してもらいます。
病気を起こす微生物を病原体と呼ぶそうですが、そうした病原体も本来の環境とは平和裡に共存していること、病気は環境が本来の環境ではない場合に限って起こる現象であること、などがわかると、病原体への親近感も生まれるかもしれません。

参考テキストとして、益田さんが書かれている2冊のちくま新書(「病原体はどう生きているか」「病原体から見た人間」)を使いたいと思いますが、詳しくは第1回目に参加者とも話し合いながら決めていければと思います。
ゼミ型と書きましたが、益田さんと気楽に質疑応答しながら、楽しく進めていけるような連続サロンを目指したいと思います。
最近話題の新型ウイルスの話も話題にできればと思います。

なお新型ウイルスが問題になっていますので、状況によっては開催日が変更になるかもしれませんので、ご注意ください。
参加申込いただいた方には開催日前日に確認のメールを送ります。

〇日時:2020年4月9日(木曜日)午後2~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇講師:益田昭吾さん(細菌学者/慈恵医大名誉教授)
〇テーマ:「病原体から考える生物と環境の関係」
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

 

 

| | コメント (0)

2020/03/27

■オープンカフェサロンのご案内

急ですが、3月29日の午後に、オープンサロンを開催します。

なにもこの時期にと思われる方もいるでしょうが、いまだからこそ開催することにしました。
忖度し過剰反応し閉塞している日本の社会に、大きな危惧を感じているからです。

ちなみに湯島のサロンは、盛んに報道されている3つの条件(密閉・密集・密接)に合いがちですが、密閉にならないように換気には気を付けています。
参加者が少なければ、密集も回避できますが、この数回のサロンは、いささか危険に見えて私自身ちょっと心配でした。
ですから社会の迷惑にならないように、むしろ参加しないでほしいとお願いしたほうがいいような気がします。

にもかかわらずなぜサロンを開くのか。
別に「お上」に刃向おうというわけではありません。
都知事の判断は、私は正しいと思っています。
新型ウイルスの流行を止めるためにも「不要不急」の外出は避けるべきです。
私が危惧するのは、あまりに安易に同調する社会の風潮です。

幸いに、3月29日のサロンが、しっかり考えられた上で延期になり、場所と時間ができたので、代わりにオープンサロンを開くことにしました。
それにある人から、湯島のサロンも中止ですかと言われたので、ついつい私も「忖度」と「過剰反応」してしまったのです。
困ったものです。

しかし、オープンサロンですので、「不要不急」かどうかは自分自身で決められます。
来ても誰かが話題を提供してくれるわけではありません。
私は久しぶりに湯島の掃除でもしようかと思っていますので、それなりに用事はありますし、植物に水をやらなければいけません。
電車もすいているでしょうから私にはいつもより安全かもしれません。

ですから今回のサロンは、私のためのサロンのようなものですが、よほど居場所がなくて退屈されている方は、感染症予防に万全の注意を払ってご参加ください。
参加は決してお勧めしません。
世間の冷たい目をしっかりと意識したうえで、ご自分でしっかりと考えてください。
ただし、体調の悪い方や性格の悪い方は、参加されないことをお願いします。

そんなわけで、いつもとは違い、参加をお勧めしないサロンのご案内です。

〇日時:2020年3月29日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:まったくありません
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

 

| | コメント (0)

2020/03/20

■マスクよりもサロンが必要な時期

新型ウイルス騒ぎの中でも湯島のサロンは基本的には開催しています。
手洗いや換気には注意していますが、サロンの主旨は変えるつもりはありませんので。

この週末からしばらくは、むしろサロン続きです。
別に最近の自粛風潮に反発しているわけではありません。
自然とそうなっているだけです。
さすがに私も少し多すぎて疲れるのではないかと心配ですが。

しかし、不要不急や生産性の捉え方は、私の場合、世間の常識と真逆かもしれませんが、いまこそマスクよりもサロンが大切だと思っています。
口を閉ざすよりも、口を開くことの方が求められています。
生き方を見直すいい機会ですので、もし何か話したい方がいたら、ぜひサロンをやってください。

ちなみに当面のサロン予定です。
3月21日 万葉集サロン(「われ」と「おの」)
3月22日 リンカーンクラブサロン(多数者の専制の回避)
3月24日 新型ウイルスの謎
3月26日 茶色の朝シリーズサロン(種苗法)
3月29日 若い世代からのメッセージ(コミュニティと教育)
4月3日  生活者目線での循環型社会(二本松での実践)
4月4日  引き上げ3世の歴史認識
4月11日 無門関サロン

 よかったらご参加ください。

 

| | コメント (0)

2020/03/19

■湯島サロン「生活者目線で循環型社会を目指す-二本松での実践」のお誘い

新型コロナウイルス騒ぎで、世界中がパニックを引き起こしているような最近ですが、こんな時こそ、自然や生命の原点に立ち返って、自らの生き方を取り戻したいと思います。
そう思っていた矢先に、サロン仲間の小林康子さんから、福島県の二本松市で、自然といのちを輝かせて生きている人がいるので、その人のサロンをやったらどうかと提案を受けました。
一般社団法人いのちまるごと輝くを主宰している片平正子さんです。
http://inomaru.jpn.org/

片平さんは、自然とのつながりを感じる活動を通して、一人ひとりの人が、自身の中にある「いのち」や「魂」の輝きを取り戻し、さらに多くのことにつながっていく社会をつくることを目指して、さまざまな活動を展開されています。
活動の一つに、自然農法への取り組みがあります。
最近は二本松でコメづくりにも取り組んでいるそうです。

片平さんは、活動に取り組んでいるうちに、自らが取り組む、農業再生・働くことの改革・地域創生などが、今の日本での課題そのものだということに気づいてきたそうです。
そこで、今回は、二本松でのコメづくりなどの自然農法への取り組みを切り口にして、生活者目線での循環型社会ビジョンや、それに向けての無理なく楽しい活動が生き方を変えていくという、片平さんの実践のお話をお聞き、参加者みんなで話し合いたいと思います。

平日の午後ですが、ぜひたくさんの皆さんに参加していただきたいと思っています。

〇日時:2020年4月3日(金曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「生活者目線で循環型社会を目指す-二本松での実践」
〇話題提供者:片平正子さん(一般社団法人いのちまるごと輝く代表)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

 

 

| | コメント (0)

2020/03/09

■湯島サロン「新型コロナウィルスにまつわるちょっと(いやかなり)気になること」のご案内

今回は人によってはちょっと不謹慎と思われそうなサロンです。
もちろん私は極めてまじめに企画していますが。
テーマは「新型コロナウィルスに関するちょっと(いやかなり)気になること」です。

新型コロナウィルスの関するサロンは3回目ですが、今回は一部で流れている「陰謀説」も含めて、視野を広げてみたいと思います。
妄想と一蹴される方もいるでしょうし、面白がる人もいるでしょうが、私にはそうした風説のなかにもいろんな示唆があるように思います。
私のところにも複数の人たちから、その種の話が届いていますが、今回は話題提供者に中嶋一統さんをお願いしました。

中嶋さんは、ご自身の一次情報も含めて、さまざまな情報から、陰謀のにおいを感じているようです。
詳しくは当日お話ししていただきます。
そして、そうした情報から今後の見通しに関するお話もしていただきます。

中嶋さんの話がどれほどの真実さを持っているかは、5月になるとわかるかもしれません。そうしたことも含めて、先が見えてくるようになる前にサロンを開催してもらうことにしました。
中嶋さんにはかなりリスクのある話ですが、先が見えてきてからの後知恵の話は中嶋さんをわずらわせることもないでしょう。

中嶋さんからのメッセージをどうぞ。

新型コロナウィルスは、細菌生物兵器なんじゃないかという説があります。
これが期せずして漏れて拡散したのなら「事故」ですが、意図的に撒かれたものであるならそれは「陰謀工作」です。
こうした事案が生じた時、我々が自分自身や家族または会社を守るために考えねばならないのは、正しい対策です。
正しい対策には、正しい予測が必要です。
正しい予測には、正しい情報や正しい推理推測が必要です。
情報の正しさを判断する方法、推理推測をできるだけ正しく行う方法について、ご一緒に考えてみませんか?
「陰謀工作」が世に存在することは、今や常識です。
であれば、「工作」なのか「事故」なのかを正しく判断する必要があります。
仮に「工作」であれば、その目的からシナリオを読み解くことで、未来予測ができるはずですから。

こう誘われると参加しないわけにはいきません。
平日の午後なので参加が難しいかもしれませんが、ちょっと(いやかなり)無理をしてでも、ぜひご参加ください。
こんな危うい話をするので、中嶋さんが「陰謀」に巻き込まれて、当日来られないかもしれない不安もありますが、そうならないことを祈ります。

〇日時:2020年3月24日(火曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「新型コロナウィルスにまつわるちょっと(いやかなり)気になること」
〇話題提供者:中嶋一統さん(「陰謀論」研究家/話し方教室主宰/ヒット商品企画)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

| | コメント (0)

2020/03/07

■湯島サロン「くじらのことをもっと知ろう!」のご案内

今回はクジラをテーマにしたサロンの案内です。
クジラと日本人のつながりはかなり深いものがあります。

数年前にテレビで、日本の捕鯨発祥の地と言われる和歌山県の太地町の人たちのドキュメンタリー番組を観ました。
世界的に捕鯨が問題にされ、“THE COVE”という反捕鯨キャンペーンのような映画で太地のイルカ漁が話題にされていたころです。
その番組は、私たちにとても大切なことを呼びかけていました。

その太地に知人の小室美登利さんが取材に行くという話をお聞きしました。
となればもうサロンをお願いするしかありません。

そこでお願いしたら、小室さんは、日本の捕鯨問題の専門家である水産ジャーナリストの梅崎義人さんにも声をかけてくださり、2人のサロンが実現しました。
お2人のプロフィールは、添付の小室さんからのメッセージをご覧ください。
たぶんどんな切り口からでも話していただけると思いますので、最初におふたりから少しお話していただいた後、参加者の関心事を出してもらいながら、それにそって話し合えればと思います。

また小室さんから鯨に関する2つの雑誌記事をいただきました。
これも添付しますので、ご関心のある方はお読みください。

〇日時:2020年3月28日(土曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「くじらのことをもっと知ろう!」
〇話題提供者:梅崎義人さん(水産ジャーナリスト)と小室美登利さん(編集者)
〇会費:500
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

ダウンロード - e6b9afe5b3b6e382b5e383ade383b3e3808ce3818fe38198e38289e381aee38193e381a8e38292e38282e381a3e381a8e79fa5e3828de38186e3808d.docx

ダウンロード - 5b52575de382a8e38395e3829ae382bf94e6.pdf

ダウンロード - 5b58635de382a8e38395e3829ae382bf94e5.pdf

 

 

 

| | コメント (0)

2020/03/06

■「脱原子力 明るい未来のエネルギー」(新評論)をお薦めします

湯島サロン仲間の折原利男さんの新著「脱原子力 明るい未来のエネルギー」(新評論)が出版されました。ドイツの脱原発倫理委員会メンバーのミランダ・シュラーズさんを日本にお迎えし、各地で行った講演会や市民との話し合いなどの記録をまとめたものです。折原さんが、随所に最新の情報や注釈をていねいに補記してくれています。
脱原発政策に転じたドイツが、実際にどう変わってきているかが具体的に伝わってきます。
自らの生き方にも実践的なヒントがもらえる本なので、多くの人に読んでいただきたく、紹介させてもらいます。

書名は、3.11の福島原発事故後話題になった、福島原発のある双葉町にあった大きな看板「原子力 明るい未来のエネルギー」という標語をもじったものです。
単に「脱原子力」ではなく、未来に向けてのビジョンが具体的に語られています。
副題が『ミランダ・シュラーズさんと考える「日本の進むべき道筋」』となっていますが、道筋だけではなく、その進め方に関しても具体的に語られています。
とりわけ、高校生との対話で呼びかけられているミランダさんのメッセージは実践的で、私たち大人も傾聴し実践すべき内容です。

環境NGOの満田夏花さんが推薦文で、「原発をどうするのか。それは単なるエネルギーの問題だけでなく、民主主義の問題であり、私たちの暮らしや生業、環境の問題であり、私たちや未来の世代に何を残すかという選択の問題であることを、この本は、決して押しつけがましくなく、平易だが確固とした言葉で指し示してくれている」と書いていますが、まさにその通り。ともかく、ぜひ読んでいただきたいと思います。

蛇足になりかねませんが、私が特に印象的だったことを3つだけ紹介します。

ドイツでは、いま、「エネルギー自給村」や「エネルギー協同組合」が広がっています。自然エネルギーに投資するということは、地域の生活の未来を考えることであり、脱原発というエネルギー転換は雇用の創出につながっているそうです。
それは、循環型・持続型の経済へと経済や産業の枠組みを変え、人々の働き方を変えることにもつながっているようです。

また、ある地域は風力、ある地域はソーラーというように、自然立地の差を生かした自然エネルギーの支え合いが展開されることで、表情ある地域整備が始まっているようです。これまでのような地域開発とは発想が全く違います。

政治の進め方に関しても、大きな変化があるようです。ミランダさんは、それを「ドイツのもうひとつの革命」と表現しています。
脱原発が決まった後、それを推進していくために、政府と国民をしっかりとつなぐ仕組みがつくられたそうです。そして、国民の信頼を得るには市民たちとの交流が必要であるという考えで、直接、国民に呼びかけて政治への参加を実現したそうです。
ミランダさんは、「脱原発は民主主義のあり方とも結びついている」と言っていますが、脱原発を通して、ドイツではデモクラシーが問い直されているようです。

経済パラダイム、地域開発パラダイム、そして政治パラダイム。
この3つのパラダイムシフトが読み取れますが、さらにミランダさんは「倫理」とか「プロテスト(抗議行動、反対運動)」という人間としての生き方にも言及されています。

学ぶことが盛りだくさんの内容ですが、それらがとても平易な生活言葉で書かれています。
そして、ミランダさんの「前向きに目の前の状況を一つひとつ改善し、明日に向かってより良く変革していく」姿勢から大きな元気がもらえます。

最後にちょっと長いですが、ミランダさんがフクシマの高校生たちとのトークセッションで高校生たちに話したメッセージを引用します。

「今世のなかを見ると、民主主義が危ないんですよ。あなたたちの時代は大変なことが始まっている。民主主義を助けてあげないといけない、自分たちの未来を強くするためにも」
「皆が自分の考えていることを言う[のが民主主義]」
「いろんな意見があるから、それをちゃんと発言しないと、民主主義が消えてしまう」
(高校生たちから、自分たちにできることはあるかと問われて)「自分の地域の政治家に手紙を出したことありますか? 自分だけでなくて高校のみんなが政治家に手紙を書いて送る。安倍首相に手紙を書いたことありますか。書いたらどうでしょうか。そしてその手紙を新聞社やジャーナリストに送ったらどうですか」

機会があれば、折原さんに湯島でサロンをやってもらおうと思いますが、まずはぜひ本書を読んでもらえればうれしいです。
もし本書を入手されたい方は、折原さんに直接ご連絡いただければ、税、送料込みで1800円で送ってくれるそうです。
私にご連絡いただければ折原さんの連絡先をお伝えします。

9784794811462

| | コメント (0)

2020/03/05

■茶色の朝サロン「種苗法を考える」のご案内

3月のBMSサロン(茶色の朝シリーズのサロン)を326日(木曜日)の午後、開催します。

今回は、主に「種苗法」を取り上げます。
霜里農場の金子友子さんに来ていただき、種苗法の動きやその意味を話してもらいます。
有機農業に取り組んでいる立場から、これからの農や食への不安や問題を、生活者目線でお話をしてもらおうと思います。

後半は、いつものように、参加者それぞれがちょっと気になっていること自由に話すスタイルにしたいと思います。

誰でも歓迎の、ゆるやかな雑談会です。
お気軽にご参加ください。

〇日時:2020年3月26日(木曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:今回の主要テーマは種苗法(ただしそれに限りません)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

なお、このサロンの契機になった「茶色の朝」ですが、20年前にフランスで出版されて話題になった反ファシズムの寓話です。
「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことから物語は始まります。みんな、おかしいと思いながらも、いつの間にか世界は茶色で埋め尽くされていく。そんな話です。
「茶色の朝」の全文は、次のサイトからダウンロードできます。
http://www.tunnel-company.com/data/matinbrun.pdf

 

| | コメント (0)

2020/03/03

■改めて「茶色の朝」のお勧め

新型コロナウイルスの感染が拡大する北海道に、国がメーカーからマスクを買い取って配布すると発表されました。

なにかおかしい。
先日の政府による学校の一斉休校方針にしろ、なにかおかしい気がしますが、新型ウイルスの広がりを防ぐためには仕方がないと言われると黙らざるを得ない。

店頭からトイレットペーパーがなくなる事態はまだ続いていますが、これは多くの人が政府や社会を信頼していないあらわれです。
その信頼できない政府の方針や呼びかけには応じてしまう。
不要不急の判断まで政府に任せてしまう。

そうしたおかしな風景が社会を覆いだしました。

20年前にフランスで出版されて話題になった反ファシズムの寓話「茶色の朝」という絵本が日本でも翻訳出版されています。
「茶色のペット以外は飼ってはいけない」という法律ができたことから物語は始まります。
みんな、おかしいと思いながらも、いつの間にか世界は茶色で埋め尽くされていく。そんな話です。

湯島では毎月、「茶色の朝」に触発されて茶色の朝サロン(BMSサロン)を開催しています。
誰にでも公開ですので、お時間が許せば参加してください。

次回はまだ日程は決めていませんが、320日(または26日)を予定しています。
日程が決まったら改めてご案内します。

「茶色の朝」の全文は、次のサイトからダウンロードできます。
http://www.tunnel-company.com/data/matinbrun.pdf
すぐ読めますので、ぜひお読みください。

Photo_20200303081701

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧