カテゴリー「お誘い」の記事

2020/01/18

■CWSサロン「沖永良部をご存知ですか」のご案内

この頃、改めて私は日本の自然と生活文化の豊かさに興味を持ってきています。

私は千葉の我孫子に住んでいますが、残念ながら転居してきたということもあって、あまり地域の特性が感じられません。
しかし、茨城県の美野里町というところに20年ほど前に仕事でかかわらせてもらった時には、そこにまだ豊かな文化や言葉が残っていることを知って感激しました。
日本の豊かさは、都市部にいてはなかなか見えてこない、そんな気がしています。
しかも、私の感覚では、東京は年々ひどく貧しくなってきています。
今年のオリンピックで、さらに豊かさの喪失は加速するでしょう。

最近、徳之島や沖永良部島のご出身の方と接点ができたのですが、それぞれにお会いするたびに、徳之島や沖永良部島はさぞかし豊かなのだろうなと、いつも憧れます。
ですから、そこでの生活や文化などのお話をお聞きしたいと思うのですが、なかなかゆっくりと聴く機会を得られません。
それでサロンをやってもらうことにしました。
私の豊かさ感はちょっと世間からずれているかもしれませんが、まだそうした島々にはしっかりした人間の生活や豊かな文化が残っていると思うのです。

というわけで、沖永良部島の仲津留さんが年末年始に帰郷するとお聞きして、戻ってきたらぜひサロンで沖永良部島のことを話してくれないかと頼みました。
うれしいことに引き受けてくれました。
沖永良部がどこにあるのか、どんなところなのかも知らない人もいるでしょう。
ヒントは琉球と薩摩です。

特にテーマは絞ってはいませんが、仲津留さんからは、「島で生活をする中で見える風景、そして島を離れてみて見えてくること」というタイトルをもらいました。
わくわくするようなお話が聞けるでしょう。
生き方を問い直す示唆ももらえるような気もします。
いや、日本という国家への認識も変わるかもしれません。

ぜひ多くの人に参加してほしいサロンです。
できれば、日本各地の話を時々聞くようなサロンに広げていければと思っています。
よろしくお願いいたします。

〇日時:2020年2月16日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「沖永良部をご存知ですか-島で生活をする中で見える風景、そして島を離れてみて見えてくること」
〇話題提供者:仲津留なぎささん(人材開発コンサルタント/沖永良部島出身)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

| | コメント (0)

2020/01/13

■CWSサロン「宇宙の成り立ちとダークマター」のお誘い

昨年、細菌学のサロンを開催した後、参加者の一人から天文・宇宙物理学に関するサロンをしてほしいという要望がありました。
湯島のサロンはみんなで育てるサロンなので、希望者があれば検討しないわけにはいきません。

それでメーリングリストやフェイスブックで呼びかけさせてもらいましたら、うれしいことにサロンをしてもいいという人が見つかりました。
天文学大好き女子の内村真菜さんです。
専門家過ぎると難しくて私についていけないのではと心配していましたが、私にもわかるように解説してくれそうな、ちょっとおちゃめなアニメファンです。

テーマは「宇宙の成り立ちとダークマター」。
宇宙が始まったビッグバンやインフレーション、そして宇宙を構成している謎の物質(ダークマター)と謎のエネルギー(ダークエネルギー)、さらにはもしかしたら宇宙の終焉までの壮大な話をしていただきます。
一方的な話ではなく、質疑応答しながらの楽しいサロンになるでしょう。
湯島のサロンでの話題提供者としては、最年少者です。
天文学に詳しい人が助っ人役で参加してくださるのも歓迎です。

目先の生活や仕事に追われて、宇宙の話など考えたこともない、という人が多いと思いますが、こうした壮大な世界に遊ぶと元気をもらえるばかりか、きっと何か大切な気づきももらえるのではないかと思います。
テーマは難しいですが、楽しいサロンになるでしょう。
多くの人に楽しんでもらいたいサロンですので、ぜひ気楽にご参加ください。

〇日時:2020年2月9日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
 http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇講師:内村真菜さん(天文学大好き女子)
〇テーマ:「宇宙の成り立ちとダークマター」
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修: qzy00757@nifty.com

 

| | コメント (0)

2020/01/07

■CWSサロン「参加者それぞれにとっての居心地の良い場」のお誘い

湯島のサロンの大きなテーマの一つは「コミュニティ」ですが、語り合うだけではなく、今年は少しずつそれぞれのコミュニティ探しへと入っていければと思います。
CWSサロンそのものも広い意味での「コミュニティ(CWSコモンズ村)」を目指していますが、多様で多層で開かれたさまざまなコミュニティのプラットフォーム(ゆるやかなメタ・コミュニティ)がそのイメージです。
あまりに強い絆のゆえに逆に生き辛さが生まれ、都会の自由さにあこがれた時代を体験している私にとっては、いまの状況はいささか行き過ぎてしまった感じがしていて、それが20年前にコムケア活動というのを始めたきっかけでもあります。
ひとつのコミュニティに閉じこもってしまうことで問題を抱えてしまう人も少なくありません。

湯島では昨年末に上田さんと杉原さんの2つのサロンで、「コミュニティ」を取り上げましたが、改めてもう一度、正面から「コミュニティ」を取り上げるサロンを開かせてもらうことにしました。
今回は誰かが問題提起するのではなく、参加者各自が、それぞれにとっての居心地の良い場やグループを語り合い、なぜそこが居心地がいいのかをみんなで話せないかと思います。
ちょっと自分の生活を開き合うスタイルなので、気恥ずかしさもあるかと思いますが、自らの生き方を問い直す契機になるかもしれません。

今回はあえて平日の午後に設定しました。
お仕事をされている方も休暇をとってでも話し合う価値のあるサロンにしたいと考えたからです。
その趣意をお汲み取りいただければうれしいです。
よろしくお願いいたします。

〇日時:2020年1月23日(木曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「参加者それぞれにとっての居心地の良い場」
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修: qzy00757@nifty.com

 

| | コメント (0)

2020/01/02

■「見知らぬ中学生の皆さんへ」

年末に2冊の小冊子が届きました。

1冊は京都の宇治にお住いの高林實結樹さんからの「見知らぬ中学生の皆さんへ」。
もう1冊は東尋坊で見回り活動をしている茂幸雄さんの「東尋坊の見守り人形 人生標語集」です。
後者に関しては先日、紹介させてもらいました。

高林さんの小冊子は、一昨年、高林さんが地元の中学校で戦時体験談を話したものを小冊子にまとめたものです。
話を聞いた中学生たちから届けられた感想文を読んだ高林さんが、感激して、ぜひもっと多くの中学生に読んでもらおうと小冊子にしたのです。
感想文は私も読ませていただきましたが、「初めて聞くナマの話」「よその学校でも話してほしい」という要望もあり、高林さんは改めて次の世代に戦時体験談を残そうと思い立ったのです。

早速に知り合いの中学生に渡そうと思いますが、高林さんの思いを広げていくために、ここでも紹介させてもらうことにしました。

非売品として制作されていますが、できれば高林さんの活動を広げ、さらに増刷していけるように、高林さんの了解を得て、賛同していただける方には300円の活動支援金をいただくことにしました。

14日に、湯島で年始のオープンサロンを開きますが、その際、何冊か持参しますので、ご希望の方は声をかけてください。
高林さんのような戦時体験談を心のうちにお持ちの方は少なくないと思います。
そうした人たちの活動記録をこういう形で残していくことができればと思います。
周りにそういう方がいたら、ぜひ話を聞いて書き残していく活動が広がればと思います。

ちなみに、茂さんの「東尋坊の見守り人形 人生標語集」ですが、これに関しても、今年は私としてできることに取り組む予定です。
14日の新年オープンサロンでは、そんな話も少しできればと思っています。

 

| | コメント (0)

2020/01/01

■今年もよろしくお願いいたします

新年おめでとうございます。

我孫子はほどほどに気持ちのいい年明けでした。
残念ながら初日の出は見られませんでしたが、飽きずに見ていたら、雲の向こうに見えないはずの初日が見えてきました。
そして雲の上から光が手賀沼の湖面に振りこぼれてきました。

Hatsuhi20202 Hatsuhi20203 Hatsuhi20204
私も、ほどほどに元気で年明けを迎えました。
今年も、ほどほどによろしくお願いいたします。

昨年は湯島のサロン、ありがとうございました。
おかげさまで湯島のサロンもますますにぎやかになってきました。

年始のオープンサロンは1月4日の正午から、出入り自由で、4時過ぎまでやっています。
コーヒーはトラジャコーヒーと昨年冷蔵庫を掃除してきたらでてきた、出所不明のちょっと古そうなコーヒーを用意しました。
ご希望に合わせて淹れさせてもらいます。
よかったらお立ち寄りください。

近くの湯島天神が相当混んでいるはずですので、交通規制が行われているかもしれませんが、急な階段も事情を話せば(この上のビルに用事があると言えば)通してくれます。

ちなみに、1月はテーマサロンだけでもすでに5つが決まっています。
12日は「網野サロンパート2」
13日は「無門関サロン」
18日は「万葉集サロン」
19日はリンカーンクラブ研究会「議会制の虚構」
26日は「アニマルコミュニケーション」

他にもいくつか予定されています。
今年は少しまた新しい試みもしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 

 

| | コメント (0)

2019/12/25

■第5回リンカーンクラブ研究会「議会制の虚構性」のご案内

第5回リンカーンクラブ研究会のご案内です。

今回は、「議会制の虚構性」をテーマにして、民主主義の問題を改めて考え直し、国民投票の意義を考えていきたいと思います。
問題提起はリンカーンクラブ代表の武田さんです。

議会制度の機能不全はかなり明らかになってきています。
現在の安倍政権に見られるように、議会制民主主義と言われたはずの議会制が、反民主主義的現実を生みだしてさえいます。
私たちは、このまま、議員たちに政治を任せておいていいのでしょうか。

戦後の日本は、まだ直接民主主義を実現する状況が整っていませんでしたが、そうした状況(技術的にも文化的にも)はかなり整ってきてます。
にもかかわらず議会制民主主義を見直そうという動きは出てきません。

逆に国民は、議会への失望から投票率は低下の一途です。
政治をもう少し民主主義に近づけるために、せめて国民投票が議論されてもいいはずですが、その動きもありません(憲法改正に関しての国民投票制度は議論されていますが)。

その根底には、相変わらずの「愚民論」と国民の政治無関心があります。

議会制の虚構性をただ暴くだけではなく、そこから主権者の意見をどう政治に反映させていく仕組みを考えるか、を議論していきたいと思います。

初めての方も気楽にご参加ください。
よろしくお願いいたします。

〇日時:2020年1月19日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「議会制の虚構性」
〇話題提供者:武田文彦さん(リンカーンクラブ代表)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

| | コメント (0)

2019/12/16

■年末年始のオープンサロンのお誘い

巡礼のサロンを今年最後のサロンにしようと思っていたのですが、その打ち合わせの過程で、鈴木さんから昨年のような年末年始のゆるやかなサロンもよかったと言われました。
そう言えば、昨年は巡礼サロンの後、おまけサロンをやり、年始には新年サロンをやりました。

記録によれば、いずれも参加者は少なかったのですが、今年も開催しようと決めました。
12月は昨年と同じく28日、1月は昨年より早いですが、4日の土曜日にさせてもらいます。
時間はいずれも正午から午後4時ころまでです。

いつものサロンよりも長いですが、テーマもないし、出入り自由ですので、気の向いた時間に来ていただいて、気が向かなくなったら出ていくスタイルで大丈夫です。
時々、終わる時間に来る人もいますが、最後に来た人から30分で終了にします。

お昼の用意はありませんので、もし必要なら各自ご持参ください。

〇日時:2019年12月28日(土曜日)正午~午後4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇スタイル:「今年を振り返っての雑談」
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

 なお、新年のオープンサロンは14日の同じ時間帯の予定ですが、新年になって気が変わることもないとは言えませんので、改めてまた案内をさせてもらいます。

| | コメント (0)

2019/12/10

■CWSサロン「5回目のサンティアゴ巡礼報告」のお誘い

昨年最後のテーマサロンは、鈴木さんの巡礼サロンでした。
今年の秋、鈴木さんは5回目のサンティアゴ巡礼に行ってきました。
ルートは初めてのポルトガルの道の巡礼でした。
これまでとは違った体験をしてきたようです。
今年も、あわただしい年末の時間を、鈴木さんの巡礼サロンで過ごしたいと思います。

巡礼から戻ってから、鈴木さんは湯島での上田さんのサロン「コミュニティを考える」に参加されました。
鈴木さんは、上田さんのお話にとても共感するものを感じたようです。
聖地巡礼は人を自然とto beの世界へといざなうことに気づいたそうです。
巡礼ユートピアということも、その時に話していました。
そして今回、改めて、巡礼とミニマリズム(簡素な暮らし)は親和性があることを実感してきたようです。

ポルトガルでどんな体験をしてきたのか。
5回目のサンティアゴ巡礼のお話をお聞きしながら、私たちのたぶん忙しかった今年を少し振りかってみたいと思います。
できれば、巡礼報告に合わせて、鈴木さんのシンプルライフの話もちょっとお聞きできればと思っています。

みなさんの参加をお待ちします。

〇日時:2018年12月26日(木曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「5回目のサンティアゴ巡礼報告」
〇話題提供:鈴木章弘さん(巡礼者/ミニマリスト)
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

| | コメント (0)

2019/12/09

■CWSサロン「知識ゼロで挑む無門関」のお誘い

湯島のサロンでは、来年、宗教や信仰を一つの軸として取り上げようと思いますが、その手始めに、「禅」の世界にちょっと触れるサロンを開催します。
とりあげるのは「無門関(むもんかん)」。

中国南宋時代の禅僧 無門慧開(えかい)によって編まれた仏教書で、門下の修行僧を悟りに導くために編まれた問題集(公案集)です。
私自身、それを題材にした禅師の法話記録を読んだだけですが、そのことをフェイスブックに書いたら、「無門関」を愛読している金子英之さんからコメントをもらいました。
聞けば、「無門関」でも有名な「百丈野狐」を7年かけて、独自のアプローチで読み解いたといいます。
これはもうサロンをお願いするしかないなと思い、無理を承知でお願いしたところ、うれしいことに快諾をいただきました。

気が変わらないうちにと、早速企画させてもらいました。
金子さんは、「無門関」をご存知ない人も、たとえば「百丈野狐」を読んでもらえれば、関心を持ってもらえるだろうと考えています。
そこで、「百丈野狐」を題材にして、そもそも「公案」とはなにか、から始まって、「無」とは何かに至る、「知識ゼロで挑む無門関」の2時間のサロンを開催することにしました。
いささか無謀な試みですが、なにしろ湯島のサロンですので、金子さんも承知してくださいました。

もっとも、「百丈野狐」を一読してなんだこれは?と思う人も多いでしょう。
ストーリーがちょっと錯綜しているので、金子さんは、事前に、「百丈野狐」がどういう話かはつかんでもらい、解決の方向性を当て推量でもいいので考えてきてほしいと希望されています。
古来、一般的には難問とされる公案なのですが、本文中にヒントは込められていますし、自分の人生体験とか人生の機微に触れる部分があればそこからいとも簡単に読み解けるとのこと。

「百丈野狐」を簡便につかみたい方は次のサイトをご覧ください。
ただしこれはあくまでも参照です。
https://k1s.hatenablog.com/entry/20120614

サロンでは岩波文庫の西村恵信訳註「無門関」をテキストにしますが、「百丈野狐」の部分をPDFで添付させてもらいました。
参加される方はあらかじめ読んでおいてください(当日もプリントアウトしてご持参ください)。
ダウンロード - e784a1e99680e996a2e8a5bfe69d91e681b5e4bfa1e8a8b3e8a8bbe5b2a9e6b3a2e69687e5baabe38288e3828a.pdf

新しい年のはじめに当たって、ちょっとだけ「禅」の世界に触れて、自らの生き方もちょっとだけ問い直してみるのもいいでしょう。
難しいテーマですが、楽しいサロンになると思います。

どうぞ気楽にご参加ください。

〇日時:2020年1月13日(月曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ: http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇講師:金子英之さん(「無門関」永世愛読者/i2 associates代表 大学で東洋美術史を学んでからデザイナーをやっています)
〇テーマ:「知識ゼロで挑む無門関」
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修: qzy00757@nifty.com

 

| | コメント (0)

2019/12/01

■万葉集サロン番外編「万葉集や記紀の文字表記」のご案内

万葉集サロンも今年5回開催し、升田さんの話も熱が入ってきました。
来年もまた隔月で開催していく予定ですが、5回を終わったところで、番外編を開くことにしました。
サロンでは毎回、いわゆる万葉仮名など、万葉集の文字表記が話題になります。
前回、升田さんはその関連の資料を用意してきてくれましたが、時間切れで、お話を聞くことができませんでした。
そこで、升田さんにお願いして、年末のお忙しい時ですが、番外編サロンを開催してもらうことにしました。
この年末年始に少し万葉集に関する本を読んでみようと思っている人もいると思いますので(とりあえず私がそうですが)、その前に万葉仮名について知っておくのがいいと思った次第です。
しかし、それだけではありません。
前回のサロンで升田さんが配布した資料がとても気になるのです。
資料だけ読んでも何のことかわかりませんか、なにかいろんな想像をかき立てられる言葉が書かれているのです。

文字の成り立ちは、人と人のコミュニケーションに大きな影響を与え、文化や社会のあり様を決めていきます。
そんなことも少しだけ意識しながら、升田さんに番外講義をしてもらいます。
万葉集サロンの常連のみなさんはもちろん、一度も出たこともない方も、ぜひご参加ください。

〇日時:2019年12月15日(日曜日)午後1時半~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇講師:升田淑子さん(万葉集大好き研究者/元昭和女子大学教授)
〇テーマ:「万葉集や記紀の文字表記」
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com)

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧