カテゴリー「お誘い」の記事

2021/04/13

湯島サロン「ADR法の現在〜忍び寄る茶色の世界〜」のご案内

今回は生々しい体験をもとにした、大きな問題提起のサロンです。

タイトルのADR法とは、「裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律」で、裁判外紛争解決手続きについての基本的な理念等を定めた法律のことです。ややこしい裁判に持ち込まなくても、和解や紛争解決に役立つための制度です。
裁判を体験した方はおわかりいただけると思いますが、仮に勝訴したとしても、裁判は精神的にも経済的にも消耗してしまいます。
ですからこうした「解決支援制度」は生活者にはありがたい制度、のはずです。
しかし実態はどうでしょうか。

今回の話題提供者・濱中都己(さとみ)さんの母親は信号待ち停車中に追突される事故に2度遭遇し、後遺障害が残ってしまいました。
過失ゼロなのに自分の健康保険で治療することを強いられたり、治療継続中に一方的に治療費の支払いを止められたり、全損車両の補償も未払いのまま放置され、あげくは加害者個人の名前で「債務不存在確認訴訟」を提訴されるなど恫喝的な嫌がらせを受けたのです。
これらは和解を拒否して正式な判決で決着を求めたことから始まったことです。

正式な判決が出るとなにかまずいことでもあるのか?
その疑問から濱中さんはいろいろと調べ始めました。
その結果、裁判と並ぶ紛争解決法であるはずのADRを隠れ蓑にした構造的不正や行政の怠慢、監督官庁の任務懈怠(けたい)など、無知な庶民から搾取する利権複合体の姿が浮かび上がってきたのです。

濱中さんは、その実態を多くの人に知ってほしくて、私財を投入して「世にも恐ろしい損保犯罪の話」を出版しました。
今回のサロンでは、日本を覆う茶色い霧の一端を垣間見た濱中さんが社会正義を求めるに至った経緯と闇のポイントを話してもらいます。
濱中さんの著書も参加者(申込順に10人限度)には配布してくださる予定です。

話題の切り口はかなり専門的ではありますが、濱中さんも普通の生活者で、その思いは生活者としての思いですので、わかりやすく共感できるところが多いはずです。

濱中さんは、著書の最後を「茶色の朝」の紹介でしめくくっています。
その意味で、最近ちょっと開いていない「茶色の朝サロン」の特別版として位置付けてもらえればと思います。

さらに、濱中さんは著書の最後にこう書いています。

同様な経験をした人、危惧を抱く人、賛同していただける方の力を集めて、まずは交通事故を食い物にする犯罪的な悪徳商法を糺し、反SLAPP法を日本にも実現する活動を目指します。ご賛同と連携を熱望します。

体験を通して、日本の司法制度や問題解決制度に疑問を持っている人も少なくないでしょう。ぜひそうした人も含めて、多くの人にご参加いただきたいと思います。

〇日時:2021年4月24日(土曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「ADR法の現在〜忍び寄る茶色の世界〜」
〇話題提供者:濱中都己さん(損保犯罪対策委員会代表/主権者教育推進機構理事)
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

 

| | コメント (0)

2021/04/12

■湯島サロン「「コロナ禍の」ポップな「シュウキョウ」/スピリチュアリティとレリジョン」のご案内

コロナ禍のために、この1年、社会は大きく変わってしまいました。

経済的な面で生活が厳しくなっている人もいるでしょう。
精神的なストレスをためている人もいるでしょう。
コロナ感染への不安で、あるいは実際に罹患してしまって、人生を変えてしまった人もいるでしょう。人との接触が減ったり、外出する機会が減ってしまい、心身の不調をきたしている人もいるでしょう。
私の周りでは、実に様々な問題が起こっています。

こういう時期にこそ、宗教の出番ではないかと私は思うのですが、湯島のサロンではあまり宗教は人気がありません。宗教嫌いとか無宗教だという人が目立ちます。

コロナ禍に対して宗教者たちはさまざまな行動を起こし、多くの信仰者を救っていると思うのですが、普段、あまり宗教と接点のない私のようなものにとっては、そのご利益はなかなか見えてきません。しかし、こういう時期であればこそ、改めて「宗教」とか「信仰」とかの意味をそれぞれで考えてみるのも大切ではないかと思います。
人類がさまざまな危機に直面してきたとき、宗教の果たした役割はやはり無視できません。

コロナと宗教をつなげたような書籍や講演は増えていますが、私にはいささかの違和感があります。安直な救いの方策や上から目線の誘導指向を感ずるからです。宗教は表層的なノウハウ的知恵や思考停止の勧めとは違うはずですし、ましてや宗教ビジネスではないはずです。
そこで「コロナと宗教」をテーマにサロンをやることにしました。

その第1回目として、宗教関連書編集者でもあった荒金さんにサロンをお願いしました。
そうしたら、なんと「「コロナ禍の」ポップな「シュウキョウ」/スピリチュアリティとレリジョン」というタイトルでどうですかといってきました。
荒金さんも、書籍のタイトルに「コロナ禍」を冠する流行に倣うのには抵抗を感ずるというのです。そこは共感しましたが、「ポップなシュウキョウ」!?。

私にはよくわかりませんが、「宗教」という言葉に呪縛されている人が多いので、むしろ自由な話し合いができるような気もします。
できれば、改めて「自力」や「他力」、自然の摂理と人知の限界など、俯瞰的に宗教に触れ自らも行動している荒金さんがどんな問題提起をしてくれるか楽しみです。

いつものようにあくまでも自分の言葉で話し合うことに心がけたいと思いますので、ぜひ気楽にご参加ください。
宗教への信仰の篤い人も、宗教嫌いの人も、いずれも大歓迎です。
コロナ騒ぎが違って見えるようになるかもしれません。

なお開催時間がいつもと違い、午前中なのでお気をつけください。

〇日時:2021年5月9日(日曜日)午前10時~12時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「「コロナ禍の」ポップな「シュウキョウ」/スピリチュアリティとレリジョン」
〇話題提供者:荒金かほるさん(元宗教関連書編集者)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

 

| | コメント (0)

2021/04/08

■湯島サロン「トランスヒューマニズム-人間はどうなっていくのか」のご案内

遺伝子と詩吟を愛するドクター山森さんの第4回サロンは前回に引き続き、先端技術の応用と倫理をテーマにしますが、今回の切り口は「トランスヒューマニズム」です。

山森さんのテーマに関する説明をお読みください。

トランスヒューマニズムは、新しい科学技術を用い、人間の身体と認知能力を進化させ、人間の限界を前例の無い形で向上させようという思想であり、日本語では「超人間主義」などと訳されています。

最も一般的なトランスヒューマニストの主張は、人類は最終的に、現在の状態から大幅に拡張された能力を持つ異なる存在へと変化し、ポストヒューマンとも呼ぶべき存在になる可能性があるということである。
具体的には彼らは、仮想現実や人工知能、超知能、3Dバイオプリンティング、精神転送、化学的な脳の保存および人体冷凍保存などの仮説上の未来の技術の出現に加えて、既存のナノテクノロジーやバイオテクノロジー、情報技術、認知科学などを含む技術の飛躍的進歩を前提に、人間以上の存在になるために、それらの技術を利用することが人間には可能であり、また使用すべきであると信じており、彼らの目標は全人類の目標とすべきであると、人々の説得に努めているとも と言われている。

現在、人間の身体と認知能力を高める様々な技術が開発・計画されつつあり、脳に埋め込むマシンの開発や脳から直接考えを読み取るデバイスなどの開発が進みつつある。
脳の情報(精神など)をコンピュータなどの人工的な存在の中にアップロードし保存(マインドクローン化)したり、死後凍結保存した自分の脳に情報を戻すようなこともできると考えられている。

このような心や体や遺伝子等に改造を加え、技能や才能などの能力を大幅に向上させる技術開発や利用が拡大するに伴い、人間の尊厳の喪失、身体や精神の優位性による格差の拡大などの道徳や倫理面を含む様々な問題が生じてくる。
未来はまだ遠いのかもしれないが、今回、皆さんとこのような課題について議論を深めたいと考えています。

以上が山森さんからのメッセージですが、これを読んだだけでも、前回の自律型兵器以上に不気味さを感じます。
未来はまだ遠いと山森さんは書いていますが、たとえ遠くても、現在につながっていることは否定できません。
未来の人間はどうなってしまうのか。
いま私たちがどう行動するかで、未来が変わってくるかもしれません。
来世を信じ、死後また戻ってくると確信している私としてはとても気になる問題です。

みなさんのご参加をお待ちしています。

〇日時:2021年4月25日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「トランスヒューマニズム-人間はどうなっていくのか」
〇話題提供者:山森俊治さん(遺伝子と詩吟を愛する理学博士)
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com)

 

| | コメント (0)

2021/04/05

■湯島サロン「生きづらさ・生きやすさ」のご案内

4月上旬に一度サロンをやりたかったのですが、実は3月末から久しぶりに時間破産と精神破綻に陥っていて、スケジュールが安定せずに、決めかねていました。
先ほどようやく先行きの目途が立ってきたので、思い切って急ですが、サロンを開くことにしました。

実は前に予告したとおり、「生きる意味」をテーマにしたサロンにしたかったのですが、それはさすがにあまりに直近過ぎるので、今回は「生きる意味」を考えるサロンに先立って、「生きづらさ・生きやすさ」をテーマにして、思い切り脱線もありの、気楽なサロンにすることにしました。

なお、コロナのリバウンドの動きもあるので、今回から飲食はコーヒーとお茶だけにさせてもらいます。
入り口での消毒と手洗いはよろしくお願いいたします。

〇日時:2021年4月8日(木曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「生きづらさ・生きやすさ」
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

 

 

| | コメント (0)

2021/04/03

■第13回万葉集サロン「高市黒人2…旅に彷徨う〈な〉無き〈わ〉」のご案内

4月の万葉集サロンは、前回に続き、高市黒人をとりあげます。
黒人のことをもっと知りたいという人もいると思いますし、当時の「旅」ってどんな感じだったのだろうと思っている人もいるでしょう。

升田さんからの案内文です。

高市黒人の歌を実作認定してゆくと、旅の歌に限られてきます。
しかも、序詞も枕詞も使用しない短歌のみの旅の歌には、家郷を思う羇旅歌の常套句も見当たらないという特異性があります。特に近現代に入ってからはそれを、個の「愁」を深めた美しい叙景歌として高く評価しました。

「旅」は古代から神話伝説や歌謡の主要なテーマでした。それは、異境を行く生命の危険を回避するために神に捧げた呪歌であったり、行路死人の霊を慰めるための挽歌であったりしました。
中でも特に注目したいのは、旅と「妻」との関係です。

万葉集を読む基軸に置いている「た」「わ」「な」の関係からみると、黒人の「旅」の歌はやはり古代和歌・万葉集の中で主要なエポックを創出しているように思います。

なぜ「たび」というのか。国語学の問題ですが、黒人の歌にそれを解く一つのヒントがあると考えることもあります。

黒人の「旅」の歌はやはり古代和歌・万葉集の中で主要なエポック。なんだかワクワクしますね。それに、なぜ「たび」というのかも、気になります。

升田さんによれば、前回は様式についての話をしましたが、今回は主題について話してくださるそうです。

升田さんは、こんなことも書いてきてくれました。

旅は、異境に入ることであり悪神の禍を避けなければ無事に帰還することはかなわないわけで、そこに「わ」と「な」の乖離と結合の不思議がある。黒人の「な」との乖離、「わ」の喪失は古代の旅の本質を黒人らしく顕在化したものかもしれない。

なんだかまた話題満載で、時間が足りなくなるのが心配です。
なお前回参加されていない方も、高市黒人なんて知らないという人も歓迎です。
万葉集の新しい魅力に出会えるかもしれません。

気楽にご参加いただければうれしいです。

〇日時:2021年4月17日(土曜日)午後2時~4時半
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇講師:升田淑子さん(万葉集大好き研究者/元昭和女子大学教授)
〇テーマ:「高市黒人2…旅に彷徨う〈な〉無き〈わ〉」
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com)

| | コメント (0)

2021/03/30

■第7回益田サロン「破傷風菌やジフテリア菌から考えた自分というものについて」のご案内

細菌学者の益田昭吾さんの第7回サロンは、前回の「利己と利他」のテーマをさらに掘り下げて「自分とは何か」を考えてみることになりました。

益田さんからのメッセージです。

破傷風菌は破傷風の原因になる毒素が効果を発揮するためには自分が死なないとなりません。つまり破傷風をおこす菌は死んでしまいます。すると破傷風菌の自分というのはどうなるのでしょうか。
またジフテリア菌は毒素を作らなくてもジフテリアを起こさない常在菌として安定した生存が期待できます。毒素を作るジフテリア菌の生存は不安定にあります。ジフテリア菌も自分が保持していた本来の生き方を忘れているようです。

何れも細菌ですが、病原体というものは自分を忘れているようにも思えます。生物が自分を忘れると同時に依存している環境のことも忘れてしまうと考えられます。
本来の関係としては生物が環境を破壊するはずがないのですが、この点、病原体と人間は考えている以上に似たところがあります。
病原体は単純な生き方をしているようですが、人間も見方によっては同様にあるいはそれ以上単純な生き方をしているのかもしれません。

益田さんも書いているように、最近、私たちは自分(人間)というものを忘れているのかもしれません。病原体から学ぶことはたくさんあるようです。
病原体の話から、私たちの生き方を少し考えてみようというサロンですので、決して、難しい講義ではありません。

わからないことは質問すると教えてくれますし、益田さんも参加者と一緒に、いろいろと考えようという姿勢をお持ちですので、質疑応答スタイルのサロンです。
どなたでも歓迎ですので、気楽にご参加ください。

〇日時:2021年4月11日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「破傷風菌やジフテリア菌から考えた自分というものについて」
〇話題提供者:益田昭吾さん(細菌学者/慈恵医大名誉教授)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

 

 

| | コメント (0)

■福井の東尋妨の茂さんたちの活動への支援のお願い

福井の東尋妨で、平成164月から、岩場をパトロールして自殺企図者への声かけ活動に取り組んでいるNPO法人心に響く文集・編集局の茂幸雄さんから、「蘇(よみがえる)」と題した写真集が送られてきました。

茂さんたちは、この活動を17年近く続けていますが、これまでに700人を超す人たちと遭遇し、その再出発を支援してきています。
この写真集は、自殺をする寸前の姿(オーラ)を写したものです。「自殺防止活動をしている全国の方たちの参考になるのでしたら写真集にしても良い」と同意が得られたものだけを写真集にしたそうです。
「自殺を考え、岩場で佇んでいる姿」からは、写真とはいえ、様々な声が聞こえてきます。


Img001

私も以前、茂さんたちと一緒に「自殺に追いやられる人のいない社会」を目指しての活動をしていましたが、茂さんたちからは気付かせてもらうことがたくさんありました。
茂さんたちの活動拠点の一つでもある茶坊「心の響くおろしもち」店でおろしもちをいただいたこともあります。
自殺者が減りだしたので、私自身は、その活動は一区切りつけさせてもらっているのですが、最近また若い世代の自殺が増えてきているのが気になっています。
コロナも大変ですが、茂さんにもまた東京に来てお話をしてもらいたいなと思っています。
茂さんに会うと、誰でもが必ずと言っていいほど、元気になるのです。

この写真集は、送料込みで11500円で送ってくれます。
この写真を見るだけでも自殺の抑止力になると思いますが、料金は茂さんたちの活動資金にもなります。申込先は下記のとおりです。
ぜひ多くの人に支援してもらえればうれしいです。

9130863 福井県坂井市三国町東尋坊641143
NPO法人 心に響く文集・編集局
telfax 0776817835
http://toujinbou4194.com

私に連絡いただいても結構です。
まとめて購入も大歓迎です。

Img002

| | コメント (0)

2021/03/22

■湯島サロン「関係から考える」のご案内

湯島サロンの最近の常連の一人だった坪田さんが、岡山に転居し、新たに岡山で塾を主宰することになりました。それで、湯島のサロンにも参加できなくなりますので、転居前に湯島で「最後のサロン」をすることになりました。
坪田さんのメッセージを案内に代えさせてもらいます。

私(坪田知己)は、世の中はどのようにできているのかに、関心を持ってきました。
参考としたのは、中根千枝の『タテ社会の人間関係』、平野啓一郎の『私とは何か――「個人」から「分人」へ 』(講談社現代新書)でした。

そこで考えたのは、社会は「個人の集合」ではなく、「関係の集合」として見るべきだというものでした。
兵庫県に住み京都大学でゼミに参加している友人にそれを話したら、「ならばガーゲンを読まなくっちゃ」と言われ、昨年9月に、ケネス・ガーゲンの『関係からはじまる』(ナカニシヤ出版)が出たので、5000円もする大著を買って読みました。
まさに目からウロコでした。これまでの勉強の7割ぐらいが無駄だったと言う感覚です。
有名なデカルトの「我思うゆえに、我あり」で、西欧は「神様の思し召し」を脱却して、人間中心主義の時代に入りました。
そのこと自体は、「進歩」だと思います。

しかし「個人」や「個人の自由」を称揚するあまり、世界は虚妄の世界に突入しています。例えば、トランプが叫んだ「アメリカ・ファースト」、新自由主義、資本主義の行き過ぎによる格差の拡大など。
人間は相互に助け合って生きているはずです。ところが「敵を撃破する」という動物のような野蛮さが世界を覆っています。会社の中でも、出世競争を強いられ、ライバルと闘わさせられます。
ガーゲンが語る「社会構成主義」は、その愚を指摘します。

ということで、今回の議論は「社会構成主義とは何か」を私がレクチャーし、同時に私なりの「社会とは何か」を話します。それについての、皆さんの感想をお聞かせください。
以上が坪田さんからのメッセージです。
いまさら「社会構成主義」や「人間中心主義」でもないだろうという人もいるかもしれませんが、坪田さんは実に素直に、「目からウロコ」「これまでの勉強の7割ぐらいが無駄だった」と言っています。そこを聞くだけでも面白い議論ができそうです。
それに坪田さんが書いている論点も、どれをとっても興味深いです。

みなさんのご参加をお待ちしています。

〇日時:2021年4月18日(日曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
〇テーマ:「関係から考える」
〇話題提供者:坪田知己さん(文明デザイナー)
〇会費:500円
〇参加申込先:qzy00757@nifty.com(佐藤)

| | コメント (0)

2021/03/10

■3月オープンサロンのご案内

3月はサロンが多くて、オープンサロンを土日に開催することができなくなってしまいました。それで3月のオープンサロンはやめようと思ったのですが、ある人から3月はいつやるのかと問い合わせがありました。
それで、毎月開催すると決めた以上、開催しようと考え直しました。
話し合いたい話題には事欠きませんし。

それでサロンの合間の平日ですが、開催することにしました。
ちなみに3月の最後の週は、週に4回のサロンです。
こうもサロンが多くなると、とても付き合い切れないと思う人が多いと思いますが、実は私もその日、湯島であるミーティングを行うついでのサロンなのです。

ですから、まあ気が向いたらお越しくださいという感じの、いつも以上に気楽なサロンですので、よろしくお願いします。
時間があるのなら、上野公園に桜を見に行ったほうがいいかなという気もするのですが、参加者が少ない時にじっくりと話したいという方がいたら、どうぞ。

〇日時:2021年3月26日(金曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

 

 

| | コメント (0)

2021/03/07

■湯島サロン「下り電車に乗り換える意味」のご案内

先日の「トカイナカ構想」をテーマにしたサロンで、話題提供してくれた神山さんが、時代は今、「幸せ探しは上り電車で行く時代から下り電車に乗リ時代に変わってきた」という話をしてくれました。「上り電車から下り電車に乗り換えよう」という神山さんの呼びかけは、参加者の共感を得ていたように思います。

ただ報告にも書きましたが、「上り電車生活」と「下り電車生活」とは目指す「幸せ」の意味も違うのではないか、そうでなければせっかく乗り換えた意味がないのではないかと思うのですが、サロンでは時間の関係もあって、それに関する話し合いはあまり掘り下げられなかったような気がします。

そこで、改めて「なぜ上り電車から下り電車に乗り換えるのか」を話し合うサロンを開くことにしました。問題はこれからの「しあわせ」をどこに求め、「生き方」をどう変えるかという、湯島ではよく話題になりテーマを改めて話し合おうというサロンです。

言い換えれば、私たちはこれからどんな生き方を目指すのか、という話です。
前回参加しなかった方も気楽にご参加ください。

世間でよく語られるような「分析的・観察的な話」ではなく、思い切り個人の生活のレベルでの話にしたいと思いますので、実際の自分の生き方に重ねながら話し合えればと思います。いつもお話ししているように、一人称自動詞での、しかも生活用語での発言を中心にしていきたいと思います。
どんな話になるか、わかりませんが、よろしくお願いします。

サロンの開催日もあえて、土日ではなく平日の昼間を選びました。

〇日時:2021年3月24日(水曜日)午後2時~4時
〇場所:湯島コンセプトワークショップ
http://cws.c.ooco.jp/cws-map.pdf
〇テーマ:「下り電車に乗り換える意味」
〇会費:500円
〇申込先:佐藤修(qzy00757@nifty.com

| | コメント (0)

より以前の記事一覧